ブログ「あしあと」

床張り11 1層目完了?

4時半起床。日記、ブログ。

6時過ぎみんな起床。

8時半、子供たちを保育園へ。

帰ってきて、床張り作業。

さて、1層目の床張りが、一通り全部張れました。

当初の予定では、この上に新聞紙を敷き、くん炭を充填していくつもりでした。

ですが…

1層目を張りながら、うすうす感じてたけど、サネ付きの板じゃないので、やっぱり結構スキマが出来ますね…

この写真はまだいいほうで、もっとスキマが開いてるとこも多々あります。

ピッチリ突きつけて張ったつもりでも、数日で結構スキマが広がってます。

経年で、やっぱもう少し開いてくんだろうな…

少しのスキマはあるだろうと予想してたし、それを解決するための新聞紙案だったけど、いざ目にしてみると、感覚的にどうにも気になってきた…

僕のやっかいな性格がむくむくと頭をもたげてきました。

新聞紙でも、くん炭は落ちないだろうし、そうそう新聞紙も劣化するもんじゃないとも思う。

でも、それでも数十年もすれば劣化するだろうし、スキマが大きいと冷気は新聞紙で防げないよね。。

床を一度張ると、そうそう剥がせないだろうし…

どうしよう、どうにかしてこのスキマを埋めたくなってきた。

テープ?コーキング?パテ?

なんか納得のいく方法が見つからず、色々と試しながら検討してみる。。

それで結局、自分の中で一番納得がいくのは、スキマを木材で塞ぐこと。かなと。。

ただこれ、また半端ない手間です。。

もしこれをするなら、新しく材を購入するんじゃなくて、1層目の床張り材で出た端材を流用して使おうと思います。

出た端材は、大引きのスパンには長さが少し足りないので、細かいのを繋ぎながら張っていくことになります。

材の幅も、端材をそのまま使うと足りなくなるので、スキマをカバーできるぶんだけの幅を確保すれば良い。

そうすると縦に3等分くらいに細く縦ワキする必要がある。

縦にワイて、大引きのスパンに合わせて切って、それをビスか釘で止めてく…

たぶん、これまで1層目の床を張った以上に時間がかかりそうです。

まあでも、これ、やりましょう!!

寒さ対策は、出来ることは万全を期しておきたい。。

後でできないとこだから、今踏ん張ってやっちゃいましょう!!

ということに、腹を決めました。

結局方法を試した結果、釘では止まらないため、ビスで固定するしかない、かと。

(一層目の床は下から大引きに打ち付けてあるので、これに上から釘を打って止めようとすると、外れてしまう。同じように下から打ち付ければ良いかもだけど、なるべくくん炭を充填する内側に隠してしまいたかったので)

結構な量ビスを使うことになるので、感覚的に少しやだなーと思います。

釘のがまだ感覚的にしっくりくるけど、いたしかたない…。

木材が12mm〜14mmくらいなので、それを重ねた厚みになるので、25mmのビスでギリギリ突き抜けないかな。。

ということで、必要なビスを買いに走る。

帰ってきて、少し作業して、今日は終了。

16時半まで。

今日は夜、所属している村の消防団の、年に一度の飲み会があるので、出発前に子どもたちのもろもろを済ませとかないとです。

なので、少し早めにお迎え。

ご飯を嫁さんが作ってくれてる間、お外でちょっと遊ぶ。

桜が咲いてきましたね〜。

ちょっと背徳感を感じますけど、なっちゃんは桜の花摘み。

いえーい。

ご飯を食べさせ、お風呂に入れ、出発。

この年に一度の飲み会は、通例大分の中心部でするので、今日はみんなビジネスホテルに泊まり。

明日朝、子どもたちが起きる前に、帰ってくる予定です。。