ブログ「あしあと」

検索

煙突設置と防水シート

上棟後、次に着手することは、「屋根」を仕上げること。 それに先立ち、薪ストーブ用の煙突を設置しました。 今回薪ストーブに関することで協力してもらったのは、以前から交流のあった、大分市にある大分鉞隊の本室さん。僕と同年代で頑張っている方で、彼から材料を仕入れ、勉強のため僕も一緒に作業をさせてもらうという形を取っています。 まず、屋根部に煙突用の穴を空ける作業。 本当は上棟時にやっておけばよかったのでしょうけど、当日は余裕がなかったので、この段取りになりました。 上棟の際に、あらかじめ煙突穴用に井桁に組んでいた部分。 内部から、ドリルで四隅を穴あけ。 これが外から見た時の印になります。 印を頼りに、丸ノコで屋根部を切り欠いでいきます。 穴が空きました。 空いた穴の側面に、不燃材であるケイカル板を貼ります。 二重断熱煙突。 今回使用するのは、内径が150mm、外径が200mmのものです。 敷いてあったゴムアスルーフィングをめくり、引っ掛け金物を滑り込ませ、固定します。 で、普通の板金屋根などの場合は、ここから鉄板で雨仕舞いしていくのですが… これは、今回この建物で採用される”芝屋根” 用の雨仕舞いの為の仕掛け。 これから煙突の周りに、土や芝が入っていくので、その厚み分だけ "カサ増し” したような状況です。 ”フラッシング” と呼ばれる、雨仕舞い用の部材をかぶせ、 これから敷かれる防水シートが破れないように、木と金物の角部をルーフィングの端材で養生。 これでひとまず煙突の設置は完了。 続いて防水シートの敷き込みに入っていきます。 今回使用した防水シートは、エクステリアメーカーのタカシ

上棟!2日目

2日目も抜群の天気です。 今日は夕方に餅まきをする予定なので、朝から吹き流しを上げました。 作業は昨日の続き、1層目の野地板を張っていくところからです。 1層目と書いたのが、実は今回、屋根の構造を2重にする予定なのです。 通気による断熱の効果を狙うのと、今回屋根が ”芝屋根” になるため、何かあったときのバックアップの意味を込めてです。 これが1層目と2層目の間を流れる空気の、出入り口になります。 1層目を張り終えると、これは気持ち程度の効果になるかもですが、もし上の層から水漏れがあったときに防ぐ、ハウスラップという(本来壁に張るらしいですが)防水シートを張ります。 そしてその上からまた、2層目の垂木を転がします。 そして2層目の野地板を張っていきます。 いよいよ、棟上げも佳境です。 最後に、ゴムアスルーフィングを張り、予定の作業は終了!!!! ほんとうに、ありがとうございました。。 下から見たところ。 このあと、前職場でお世話になった板山さんが来てくれて、上棟式を執り行ってくれました。 餅まき前の、挨拶をしているところ。 ここに至るまで、本当にたくさんの人にお世話になりました。 素人の僕を、ここまで導いてくれた大工さん。 チャレンジをさせてくれた、嫁さんはじめ家族。 あたたかく見守ってくれた村のみなさん。 この日の終わりはほんとに、感無量でした。 とはいっても、まだまだ完成までの道のりは長いです。 この感謝を忘れず、完成までがんばろうと思います。 1夜開けての全景。 さらに遠景。 はやく、住みたいなあと思うのでした。

上棟!1日目

天気は快晴。 去る4月の14日、15日の2日間で、無事に上棟を終えることができました。 前日はほんとに、眠れませんでした。 でも、色々な方のお力添えのおかげで、忘れることのできない日になりました。 順を追って書き残したいと思います。 1日目、朝。 今年は遅かった桜が、まだ綺麗に残る中でのスタートです。 赤いタオルは、棟上げのときのきまり。気合が入ります。 今回加勢してくださったのは、当初からお世話になっている小野建築の、棟梁の小野さん、ともさん、ダンさん。 伝統構法について多大なアドバイスをくださった、染谷建築の息子さんの智彦さん。 昔から夢について語ったり、一緒に仕事をしてきた、庭仲間の緒方さん兄弟。 移住当初から、ほんとに良くしてくださる、小挾間村の区長の元生さん。 そして僕を含めた、計8名で作業に当たりました。 まずは、刻み終わった部材を、分かりやすいよう広げました。 次に、最初に使う各部材を、該当箇所に配っていきます。 そして、 柱に、足固めとなる下梁を、差す! 差す!! みんなで差す!!! そしてコミ栓を打つ!!!! 無事差さりました。曲尺手(かねんて ※直角かどうか)もばっちりです!! 僕らの家は、柱が直接石の土台に乗る ”石場建て” という構法なので、こういった形になります。縦方向と横方向で段差があるのは、それぞれの差し込むホゾの成(高さ)を多く取るため。このほうが強度が出ると判断した為です。 同じ要領で、次の柱へ、次の柱へ、順々に進めていきます。 ここで大事なのが、”順番” なんです。出っ張ったものを差し込んでいくため、順番を間違うと、最後が差せなくなってしまう