ブログ「あしあと」

検索

刻み 〜きざみ〜佳境

いよいよ棟上げまで、1週間を切りました。 作業は佳境に入っており、棟上げに向けてラストスパートをかけています。 まずは、これまで刻んだ主要となる部材を引っ張り出し、最終チェック&微調整を行いました。 材を地面に置き、継手や仕口などを実際に組み上げ、接合部の正確さ、きつさ、接合した後の全体の長さなど、チェックし、悪ければ微調整をしていきます。 ここが、綺麗に建ち上がるかどうかの最後の砦です。 この工程では、お世話になっている大工さん、佐藤ともさんに手伝ってもらいました。 このように、ピッタリと収まることを目指します。 でもほんと、ここで「長年の経験で培った、大工の技術の粋」を、まざまざと目の当たりにすることになりました。 ここまで、自分で勉強して、人に聞いて、やってみて、なんとか自分の手で進めてきましたが、この工程では、たぶん自分の手だけでは、こんなに綺麗な調整は出来なかったと思います。 例えば、材を組んでみて、少しうまく付かなかったとします。 その際に、どこをどう調整すればピタっといくかが、瞬時に分かるんですね。 自分だと、それがなかなか分からないんです。 検討違いな調整をしてしまうと、ますます具合が悪くなってしまいますからね。 そして実際に、「ノコの刃1枚ぶん」とかいう微妙な調整をほどこし、ピタっとくっつけてしまうんです。 もうほんとに、脱帽でした。 でも、この工程を一緒にしてもらうことにより、棟上げを迎えるにあたって、かなり安心感が出てきました。 一番避けたいのは、当日うまく組めず、ストップしてしまうことですからね。 なんとなく、最悪なことは無いんじゃないかなと、思えるよう

刻み 〜きざみ〜2

冬もいつの間にか過ぎ去ろうとしています。なかなかサクサクとはいきませんが、コツコツと、刻み作業を続けています。 最初のほうは、終わったものが分かるよう、こんなノートを付けてました。 作業が進むにつれ、色々な切り込みを体験しました。 これは、下梁に大引をかける為の ”蟻掛け” が含まれた部材です。 これは、”渡りあご” と呼ばれる組手の一種です。 材と材が交差するように組み合う継手です。 中でも難しかったのが、”金輪継ぎ” と呼ばれる継手です。 このように加工されたもので、梁や桁など、2本の材を繋げて、1本の材として使用する(強度を持たせる)ものです。 墨付け時はこんな感じ。 それがこうなり… こうなります。 うまく加工できていれば、本当にガッチリです。 昔から伝わる技術は、ほんとにすごいなと、感嘆します。 そして、継手や仕口の切り込みと共に、”ちりじゃくり” なるものも材に刻んでいきます。ちりじゃくりとは、のちのち壁に塗った土が痩せて、すきま風が入り込むのを防ぐためのもの。溝を掘ることにより、そこに土が入り込み、痩せても隙間が出来なくなります。 ”ミゾ切りカッター” というものを使って掘ります。 ほんとに、便利な道具がたくさんあることに、驚くばかりです。 さらに下の写真は、 ”電動チェーンのみ” と呼ばれる道具で、これは柱に通る ”貫穴” を掘るのに使いました。 こうやって材に挟み、足で押さえて使います。 これも使うとスピードがグンと上がります。 さあ、設定した棟上げ予定日まで、あと1ヶ月ほどです。 かなり危ういペースですが、そこはもうなんとか間に合わせられるように、スパートを