ブログ「あしあと」

検索

クサビのやり直し

先日、貫を入れた後に、それを固定するクサビを打ち込んでいたのですが、今日はそれのやり直しです。 お世話になっている伝統構法の大工さんにご指摘頂いて、発覚しました。 まずは一度打ち込んだクサビを、引き抜いてみます。 これが、僕が最初に作って打ち込んだクサビです。 僕はクサビってこんな感じだと思って、安易にやってしまっていました。 どこが悪いか分かるでしょうか? 作り直したもの。正解はこんな感じなんです。 最初のものがどう悪いかというと、角度が急すぎて、柱の角っこにしかクサビが効いていなかった点なんです。 対して作りなおしたものは、角度をゆるーく作っていて柱の中心部までクサビがジワーッと効くようになってるんです。 左側が良いクサビ。右側がだめなクサビ。 寸法は、4寸の柱に対して、両側から打ち込み、2寸ずつ入り芯(真ん中)でぶつかる計算。クサビ自体は2寸5分の長さで作ってある。 幅は貫と同じ6寸。成(縦方向の高さ)は、クサビを差し込む穴が5分程度なので、5分5厘から8分へ向けて勾配をつけてある。かなりキツイくらいのが効きが良い。 ちなみにクサビに使った材は、柱材であるスギに対して、少し固めのヒノキ。 これも、効きを良くするため。 玄能でかなり本気で何度も叩いて、やっと入る感じ。 量産して、すべてのクサビを打ち変えました! 両側から打ち込み終わったところ。 柱の寸法が4寸。クサビは2寸5分ずつ。真ん中まで入り合って、残り5分が見えてる状態。 うん、ガッチリ決まった感じ!! この構法は、筋交いや金物を使ってないので、この、貫+クサビが、非常に大事になってくるというのです。先ほどの伝統構法