ブログ「あしあと」

検索

国会を聞きながら思うこと

今の世の中は(政治は、企業は、あるいは個人は)、安心、安全、幸せを求めて動いてなんかいない。あたかもそうだと、うわべでは言っているが。 なんだかよくわからない「利益」というものしか追っていない。 その「利益」が、何をもたらすのかも、もはやよく分かっていない。 その「利益」を求めるがために、失っているものにも、まるで目がいっていない。 ように、思う。 「利益」って、何? 「成長」って、何?どこに向かってるの!? その言葉の中身、何? 世の中が、もうなんだかよくわからないうちに、本心にかかわらず、「利益」というものを追うしか生きる方法がないかのごとく追っているように見える。追わされているように、見える。 政治家の国会なんか聞いてると、企業のニュースなんか見てると、なんだかまだなーんにも分かってない子供が、大人から間違った世界を信じ込まされて、その中で無垢に一生懸命おままごとしているように見える。その中で、自分はすごいんだ、と、信じ込んでるように見える。 人は何のために生きてるのだろう?人生ってなんなんだろう? そんなこと答えは無いんだろうけど。 自分だったら、どうなりたいのか。どう生きたいのか。どんな一日を過ごしたいのか。どんな気持ちになりたいのか。どんな風景の中にいたいのか。どんな瞬間を味わいたいのか。誰と一緒にいたいのか。何を安心と呼ぶのか。何を幸せと呼ぶのか。その先には何があるのか。子供たちが大きくなった先が、どんなだったらいいのか。 それをもう一度、静かに落ち着いて考えてみたら、何が心に浮かぶだろう。 正確じゃなくていい、言葉で表せなくたっていい。まして数字で