ブログ「あしあと」

検索

おおつる食堂

今日は、「おおつる食堂」の日でした。 おおつる食堂というのは、先月から(出来るだけ毎週)土曜日に、おおつる交流センターで始まった、食堂です。 時間は18時〜20時。 地域の人でなくても、誰でも食べることができます。 これでございます。 近所の仲良しの三原萌枝さんが企画し、僕ら堀家がサポートする形でスタートしました。 萌枝さんの一番の目的は、「どうしても家でごはんが作れないとき、近所にこんな食堂があったらいいね」を、実現させること。 無いなら、作ろうよと。 でも、スタート時点ではそう思ってる人たちが ”作る側” なので、その恩恵に預かれないのですが(むしろ大変なのですが)。。 いずれ作り手側のメンバーが増えたときには、自分たちも恩恵に預かれると。 そう、目標は、コンセプトに賛同した人が作り手メンバーとして増えて、当番制になること。 とりあえず現時点の作り手は、三原萌枝さんと僕ら夫婦だけなのです。 でもまあ、とりあえずやってみようよ!といことでスタートしてみました。 今日で5回目の実施なのですが、これまでの4回は萌枝さんがメニューを考え、材料を揃え、僕ら夫婦のどちらかが当日調理サポートするという形だったのですが、今週は萌枝さんが用事で出来ないので、僕ら夫婦だけで繋ぐということになったのです。 昨日からメニューを考え、材料を集め、今日に臨みました。 僕らはあまりこういうことに慣れてないので、もう午前中からの準備スタートです。 嫁さんのなぎちゃんが、頑張ってくれました。 僕はなぎちゃんの指示に従い、出来ることをアタフタと。。 なんとか進めていきました。 量を作るって、難しいですね。 メ

蓑原邸お庭工事

ブログがずっと滞ってしまいました。 10月はまちづくり協議会のイベントと稲刈りとお庭工事の準備。 11月はずっとお庭工事。 その合間に、家づくりでは蜜蝋づくりと、それを床に塗る作業を。 蜜蝋作り&床塗り作業は、また別記事でまとめます。 さて、11月ももう終わり。 今日は午前中、子供達を保育園に送ったあと、湯布院へ。 月イチで参加している、竹堆肥づくりの会「竹部会」に参加してきました。 みなさん田舎暮らしや農や移住などの大先輩がた。 この会に参加してると、雑談の中に、とてもためになることがいっぱいあります。 約1年かけて切り返してきた堆肥は、ほぼ完成のようです。 年明けにもう一度切り返しをし、完成だそう。 また、出来る範囲で、関わっていきたいと思っています。 お昼前に帰宅し、掃除洗濯ニワトリさんのお世話。 家の横にあるイチョウの樹。 今年は寒暖差があるからか、なんとなくどこも紅葉が綺麗なように思います。 そして13時頃、同じ大津留の中尾地区へ。 いつもお世話になってる首藤まさひろさんの畑を訪ねました。 実は、先月からおおつる交流センターで、「おおつる食堂」というのを、僕らを含め2家族でやっていて、明日は堀家がその当番なのです。 その材料を、もらいに。 いろんな種類の大根、じゃがいも、シイタケ、人参などを、たくさんもらいました。 いつもほんとうに、甘えさせてもらって、ありがとうございます。 それを一旦家に持ち帰り、そのあとは先月からおこなっている庭工事の現場へ。 今行っているのは、みのはらさんち。 みのはらさんは、僕が自分の家づくりにおいて多大にお世話になっている、伝統構法の大工さ