ブログ「あしあと」

検索

田んぼの畔塗り

ここ数日、土壁塗りの合間を塗って、田んぼの畔塗りや、水位の調整などをしてました。 来週行う、田植えの準備です。 田んぼのぐるり全部じゃないけど、畔が低くなってて、水がこぼれる恐れのあるところに、畔をつくりなおしました。田んぼの中の土をとって、塗り塗り。 同時に、”水の出口” も調整してつくります。 ここの水を出すところを、”水口(みなくち)” と言うそうで、昔からここに平たい石 ”水口石(みなくちいし)” を置いて、その高さで水位を調整したそうです。 今は水口の先がU字溝になってるとこも多いので、板などで水位を調整するらしいのですが。 なんだか、田んぼの土を練り練りしていると、今家づくりでやってる土壁塗りと、かぶる。 最近土をいじってばっかだ。 考えてみれば、田んぼの土も、土壁の土も、ほぼ一緒のものなんですよね。 粘土と、ワラと水で練ったもの。 やっぱよく出来てるもので、畔を塗る土も、田んぼの水があたっている底の土を使わないと、だめなんだそうです。 じゃないと、ボロリと崩れてしまうそう。水があたっている場所の土は、粘りがあり乾くとしっかりと固まる。 土壁の土もワラと水を混ぜて、よく寝かせてから使う、というのと一緒ですね。 これは、水路から田んぼへと水を引き込む入り口のところ。 ここを閉じたり開けたり、または少しだけ開けたりして、引き込む水の量で、水位を調節する。 この入り口から、どれだけ水を入れるか。 または先ほどの出口から、どれだけ水を出すか。 それで、田んぼの水位をコントロールするのだそうです。 やっとこさ、田んぼの仕組みが分かってきた。 少しずついろんなことが分かってくる

土壁 ”裏返し塗り”

グズグズ天気が続きますが、連日、土壁塗りをコツコツと行っております。 昨日ようやく、すべての壁の片側が塗り終わり、その反対側の塗りに入りました。これを、”裏返し塗り” というそうです。 これが、片面を塗り終えた状態を、反対側から見たところ。 土壁塗りの手順としては、最初、下地となる竹小舞の、”縦方向の竹” の面の そしてここから、この面を塗っていきます。 これが ”裏返し塗り” 。 裏返し塗りでは、貫板の部分が土が付きにくいため、貫板の上下の土とつなぐように、ワラを塗り込んでいきます。 コテで押さえ、 塗り込みます。 上の貫板も、 土を塗り、その上からワラを乗せます。 そして、コテで押さえ、なじませていきます。 このワラが ”つなぎ” の役割をして、土が落ちにくくなるらしいのです。 貫板ごとにこの作業をするから、こっちの面のほうがちょっと時間がかかるかも…。 引き続き、コツコツとやっていきます。

グミの実と土壁塗り

6時みんな起床。 今日は朝から、家の裏になっている、グミの実取り。 一生懸命取るなっちゃん。 嫁さんはこれを、ジャムにするそうです。 嫁さんと子供たちを送り出し、今日も土壁塗りの作業。 去年から練っておいた土が、そろそろ底をついてきました。 これが無くなったら、新しくまた土を練らないといけません。 そろそろそのタイミングです。 これは室内・お風呂の空間となる壁。 右が今日塗ったとこ。左は3日前に塗ったとこ。 その比較です。3日でずいぶんヒビが入ってきますね。 あともう少しで、全部の壁の片面が、塗り終わります。 といってもまだ荒壁塗り。 例えば最終的に漆喰で仕上げるところは、 荒壁塗り→荒壁なおし→中塗り→仕上げ(漆喰) の、計4回塗ることになります。 まだまだ先は長い… 17時半まで作業。 18時みんな帰宅。 夜ごはんは豆乳リゾット。 21時半みんな就寝。 今日もコツコツ。 明日もコツコツ。 はやく新しいおうちに家族を住ませてあげるため、がんばろう。

田んぼの荒起こし

6時みんな起床。 嫁さんと子供たちを見送り、 掃除洗濯をし、今日は9時から田んぼ草刈りから。 昨年、いつもお世話になってる近所の元生さんの田んぼのひとつを、勉強がてら手伝わせてもらい、その田で取れたお米をもらいました。今毎日、そのお米を食べてます。 今年も同じ田んぼを、去年のようにやらせてもらうことになりました。 今日は元生さんが、そこの田んぼの ”荒起こし” をするというので、僕もそれに立会います。 一足先に畔の草刈りをし、待っていると、元生さんがトラクターに乗ってやってきてくれました。 僕はまだ勉強不足&経験不足で、稲づくりの流れをまだよく理解してないのですが、通常、水を当てないで荒起こしはするのかな? 時期の関係か、このやり方もあるのか、今回は水を当てながらの荒起こしでした。 これは昨年つくった田んぼの一枚下の田んぼ。 昨年は田んぼ一枚だけだったけど、今年は二枚管理させてもらうことになりました。 この田んぼは何年も稲をつくってなかったので、穴が開いていたり、水路もつまり気味だったので、その補修や掃除なども行いました。 荒起こし完了〜。 元生さん、ありがとうございました。 午後からは家に戻り、土壁塗りの続き。 今週も時間の限り、土壁塗りを進めております。 17時半まで作業。 今日はなっちゃんが帰ってきて、一緒に畑にさつまいもを植えました。 いろいろと、一緒にやれたらと思います。 そのあとみんなで夜ごはん。 豆乳汁 鳥ハム セロリピクルス 豆腐 納豆ごはん こんにゃく炒め。 お風呂に入り、 21時半みんな就寝。 2時にろくちゃんが夜泣きで起きたので、抱っこして泣かしつけ、僕は

マーケット&ガーデン

6時みんな起床。 今日はおおつるマーケットの日です。 準備をして、出発。 7時半より、交流センターにて、準備開始です。 9時おおつるマーケットオープン。 嫁さんたち若妻会のブース。 昨日下準備したおやき三種と、手作りジンジャーエール。 このジンジャーエールも、なかなか美味しかったです!! 今日はお天気もよく、なんだかこれまでと比べて、にぎわってる感じでした。出店者も徐々に増えてきて、ちょっとずつですが、おおつるマーケットも育ってきてるなーと印象を受けました。 友達の、畑のれすとらん「ひだまり」の稲田けんちゃんとゆみちゃん。 そして、コンタファームの井田さんのブース。 今日もピザを食べさせてもらい、コンタさんからは美味しそうな人参を購入しました。 稲田家のこどもたち、みわちゃんとこうたくんが、こどもマーケットを出してました。 ろくちゃんはそこで遊ばしてもらい、おはじきを購入。 こどもたちも集まれば、みんなで楽しそうに遊んでます。 時々泣かされたりもしてますが、ろくちゃんもお兄ちゃんお姉ちゃんにもまれてます。 そら豆状態の、こどもハンモック。 子供たちが集まれるのは、ほんといいですね。 そして、本日はもうひとつのイベント「おおつるガーデン」も行われました。僕もそのお手伝いをさせてもらいました。 交流センターから車で3分くらいの場所にある畑。 今日はここで、予約してもらった参加者さんたちと、 サツマイモとトウモロコシの苗植えをするらしいのです。 参加費が1500円で、秋の収穫のときに、たくさんのイモを持って帰れます。去年もサツマイモの体験農園をやったそうで、そのときは一人10kgくら

村の田んぼのもみまき

6時起床。 今日は土曜日なので、嫁さんはお仕事おやすみです。 子供たちは保育園です。 僕は朝7時から、村で共同で作ってる田んぼの、もみまきに行ってきました。 先週、床をつくった田んぼです。 これは、床の上に、これからここで育てる苗が、根が張らないための寒冷紗を敷いたとこです。 これからこの上に、種をまいたトレーを置いていきます。 この田んぼは、この機械をつかって、苗作りをするようです。 それぞれの家で、苗づくりはやり方が微妙に違うようで、いろんなやり方があるそうです。 僕も、いろんなやり方を知って、自分なりのやり方を見つけていきたいと思いました。 これがもみ。 10日間くらい水につけて、芽出しさせるそうです。 芽出しさせたもみ。 見えにくいけど、白い芽が、ピョコっとちょっとだけ出てる。 まんべんなく出てて、芽出し的には、なかなか良い状態だそうです。 左から、床土・稲もみ・ 覆土。 トレーが送られ、自動的にもみまきが行われます。 こんな感じでまかれていきます。 まき終わったトレーを、田んぼの中の苗床に、置いていきます。 最初こういった感じで並べていき… ある程度並べたら、その上をこの赤い台車を走らせて運びます。 最後にラブシートというのをかけて、完成。 これから苗が育つようすを、見守ります。 10時半作業終了。 そこからは家に戻って作業。 お風呂の検討をしたり、土壁塗りの作業。 17時半作業終了。 それからは、子供たちをお迎えにいき、そのまま交流センターへ。 明日のおおつるマーケットで、また若妻会が出店するので、その試作や準備をするのです。 今回の出品は、「おやき」だそうです。

親子バス遠足

6時みんな起床。 今朝は二人とも、元気な様子。よかったよかった。 今日は保育園の、親子バス遠足です。 晴れてればアフリカン・サファリだったけど、残念ながら雨なので、行き先はうみたまごらしいです。 嫁さんは美味しそうなお弁当をつくってくれました。 なっちゃんもウキウキ。 準備をして、みんなで行ってきました。 イルカのショーを見たり、浜辺で遊べるとこで遊んだり。 なっちゃんは、実は全然お魚に興味がありません。 お魚の水槽は、ダッシュばりにスルーなのです。 逆にろくちゃんは、お魚の水槽にも興味しんしんで見てました。 「あ」とか指差して、お魚たちを目で追いかけてました。 でも、それよりも水あそびが大好き。 なまことか触れる水槽で、びしゃびしゃになって遊んでました。 お昼はお外で。 なっちゃんは裸足が大好きです。 ろくちゃんは相変わらずマイペースです。 二人ともたくさん遊びました。 帰りのバスの中では爆睡。(僕もですが) 楽しい一日に、なりました。。

お手伝いとお寺さん完了

6時みんな起床。 今日はろくちゃんが朝少しお熱。 明日は楽しみにしている、保育園の親子バス遠足なので、大事をとって休ませることにしました。 今日は嫁さんが、お休みをとってくれました。 僕は午前中、いつもお世話になってる、薪ストーブの販売と施工を一人でやってる仲間のお手伝いをしてきました。 新築現場の、煙突を設置する仕事を、手伝ってきました。 お互い一人でやってるので、手がいるときはお互い助け合おうと言って、なんとなく今やっています。 12時までお手伝いをして、お昼からは、前日も行っていたお寺さんの剪定仕事の仕上げに。 正味4日間の仕事でした。 無事に完了。 夕方、自宅にもどり少し作業。 以前からお世話になってる設備屋さんが通りがかりに来てくれ、これからする水道・排水配管についての相談をさせてもらいました。 うむ、また少し道筋が見えた気がする。 17時半、作業終了。 今日は僕がなっちゃんをお迎えに行きます。 帰ってくるといつものように、なっちゃんはニワトリさんの様子を見に。 夜ごはんを食べ、お風呂に入り、9時みんな就寝。 明日は保育園の親子バス遠足。 ふたりとも、体調を崩しませんように。。

ニワトリさんがやってきた

6時みんな起床。 今日は、いよいよ、我が家にニワトリさんがやってくる日。 子供たちを保育園に送り出し、掃除洗濯を済ませ、今日これから行く仕事の支度をしながら、その時を待ちます。 そして9時。 ついにニワトリさんがやって来ました。 今回、ご縁をいただいた方というのが、同じ庄内に住む、竹細工作家さんのまっぽんさんカップル。 まっぽんさんは、前々からお名前はいろんな人から聞いていて、一度ちょこっと会ったことはあったんですけど、あまりちゃんと話したことはありませんでした。 でもこの度、まっぽんさんが自分とこのニワトリを預かってくれる&一部もらってくれる人を探していて、それで僕のところにも、直接連絡をくれたのです。 預かったのは、まっぽんさんのチャボ(計6羽)と、 メスの軍鶏1羽。 烏骨鶏のつがい1組です。 このうち烏骨鶏のつがいが、このままウチの家族になることになりました。 意外にも、なっちゃんがとても興味を持って、お世話してくれています。 なんか、生き物と接していると、優しくなれる気がする。 思いやりとか、気づかいとか、いろんな気持ちを、経験できる気がする。 他者をおもんぱかる心を、育んで欲しいなと思います。 チャボさんや軍鶏さんをお預かりするのは3週間くらい。 それまで、大事に面倒を見てやりたいと思います。 ニワトリさん受け取り後は、先週から行っているお寺さんの剪定仕事へ。 もう数日かかりそうです。。

ニワトリ小屋の掃除

6時みんな起床。 子供たちも体調崩すことなく、今日も元気に保育園に行きました。 僕は掃除洗濯を済ませ、午前中はセブンイレブンに行って、wifi乞食でパソコン作業。 午後は、縁あって明日我が家にやってくる、ニワトリさんたちの為に、受け入れ体勢を整えました。 うちの家には、納屋の裏手に、以前ニワトリ小屋として使っていたスペースがありまして、今日はここの掃除をしました。 ご覧のように、ニワトリ小屋にしては十分すぎる立派なスペースなのです。 上段は、昔使っていた様子の産卵&卵あたためゾーン。 下の棒は、ニワトリ小屋には止まり木を作ってあげたほうがいいよと聞いてたので、今回付けました。 ふた部屋の構造になっています。 にじり口みたいなとこを抜けると… こちらにもスペースが。 こっちにも、止まり木を少し付けてやりました。 えさ箱も用意したし、明日、ニワトリさんがやってくるのが楽しみです。。

田んぼの準備

6時みんな起床。 今日は日曜日、嫁さんも子供たちもお休みです。 僕は7時から、村で共同でつくっている田んぼ作業の手伝いに行きました。 共同で管理を行っている田んぼ。 今日は、苗づくりのための、床をつくる作業でした。 これが、これからこの場所で稲の苗を育てる床になります。 今日はこのまま、水を少し張り、少し間をおきます。 来週、ここに種まきをしたトレーを並べていくそうです。 村の先輩方です。 僕はまだお米づくりの全部の流れを把握してないけど、ひとつひとつ、手伝いながら、覚えていきたいと思ってます。 10時頃作業は終了。 なぜかお疲れさまで、ビールを飲む。 ちょうど、雨も降ってきて、帰宅。 それからは、昨日みんなの食卓が終わってみんなバタンキューだったので、みんなでお風呂に入りに行きました。 お風呂の前にうどんを食べ、僕はろくちゃんと一緒に、嫁さんはなっちゃんと一緒に、ゆっくりお風呂に入りました。 帰宅し、こどもたちとお家で遊び、 今日は早めに休みます。 また明日から、みんながんばりましょう。 今日もよい一日でした。。

みんなの食卓

前記事の続き・・ 16時、僕は床はり体験をさせてもらった工藤家を、一足先に後にさせてもらい、急いで地元に戻ります。 今日はもうひとつのイベント、地元のおおつる交流センターで、あたらしいチャレンジを行う日でもあるんです。 それがこれ、「みんなの食卓」 移住せんぱいの三原萌枝さんが提案し、嫁さんはじめ、賛同したみんなで構想・準備してきました。 飲食店など無い地域のなかで、普通は個々の家で食事をつくり、家族で食べますよね。 その日常の中には、たとえば少人数・もしくは一人で食べている人がいたり、逆に子育て世代でつくるのが大変だという日も、あったりするでしょう。 そこで、 「みんなで食卓を囲み、楽しく語らうこと」 「家事を宅にすること」 をテーマに、 世代も地域も超えて、誰もが気兼ねなく、ごはんを共にできる場をつくっていこう。 という目的で、この食堂の模索ははじまりました。 そんなことを、萌枝さんが考え、みんなに提案してくれたんです。 僕ら堀家も、良いね!ぜひ!ということで、お手伝いさせてもらってきました。 色々手探りな中ですが、とりあえず試してみようということで、 今日はその記念すべき第一回目なのです。 この食堂の仕組みは単純で、基本的にそれぞれが持ち寄ったものを、みんなで食べよう。というものです。 もちろん持ち寄るのが大変という人もいるので、 ・ひとり、もしくはひと家族、一品持ち寄った方は、一人百円で。 ・持ち寄りの無い方は、一人五百円で。 ・ごはんとお汁は、その日の担当の人が、現地で用意する(ここはまだどの形がいいのか、負担がないのか模索中) ということで、とりあえずスタートしてみ

床はり体験

6時みんな起床。 朝ごはんはおにぎりとお味噌汁。 今日は僕はお弁当を作ってもらい、みんなより一足先に、出発。 今日は中津市で行われる、床はりの現場に勉強させてもらいに行くのです。 家から中津市まで1時間半くらいかかるのですが、その道のりは、地図を確認しながら行くことにしてました。数ヶ月前からスマホをやめたことで、これまでどこに行くにも頼りにしていたGoogle Mapも、今は使えません。 それなのに、あろうことか地図を家に忘れてしまって、焦りました。。 下道で行くので、結構分岐点があるんです。 一度見た地図を思い出しながら、青看板を頼りにしながら、少し時間はかかったけど、なんとか現場に着けました。。 でも、確実にナビやGoogle Map使わないほうが、道は覚えますね。 これはほんと実感。 スマホは便利だけど、やっぱこうしてジツリキがつく方がいいなと思いました。 今日体験させてもらう現場は、現在古民家をリノベーション中の、工藤恵さんのおうち。きらめ樹を通して、知り合いました。 工藤家では現在、既存のフローリングの上から、きらめ樹材でつくられた無垢のスギ床を張るという、工程にさしかかっておりました。 今回はそのタイミングで、きらめ樹仲間に声をかけてくれ、大工さんレクチャーのもと、体験の機会をつくってくださいました。 ちなみにこの、きらめ樹された材を実際に製材して製品にしたものを使うのは、大分では初ということでした。 まずはみんなで材の仕分けや面取りを行いました。 このときも、大工さんがカンナでのやり方を、レクチャーしてくれました。 僕もまだカンナはほとんど使ったことがなく、習得し

剪定しごと

6時みんな起床。 最近子供達も早起きです。 朝ごはんを食べ、嫁さんと一緒に今日も元気に保育園へ。 僕は掃除洗濯を済ませ、まずは昨日の小屋周りの片付けで出たゴミを、最寄りのゴミ処理施設へ軽トラで運ぶ。 そのあと10時半から、近所の中尾地区にあるお寺の剪定しごとに行きました。 刈り込みものが多いですが、梅が数本、あとは結構大きい金木犀なんかもあります。 今まで、いつもお世話になってる、おおつる振興会の地域振興部の部長である、首藤まさひろさんが剪定していたけど、今年は手が回らないとのことで、僕がすることになりました。 草刈りと合わせて3日くらいの予定ですが、はじめてのとこだし、色々と樹や庭の状態を見ながら、丁寧にやっていきます。 今日は午後16時には作業終了。 家に帰って、夜の壁塗り分の土を練っておかないといけないのです。 18時に嫁さんとこどもたち帰宅。 今日の夜ご飯は、鶏胸肉マスタード和え、レタス、サツマイモと玉ねぎとキャベツのスープ、キャベツのお漬け物、納豆ごはん。 美味しくいただきました。 お風呂に入り、9時半みんな就寝。 僕は本日も、一面だけ壁塗り。 コツコツ、コツコツです。

畑の手入れとじゃがいも

6時半みんな起床。 今日も良い天気。 子供達も元気に保育園へ。 僕は掃除洗濯を済ませ、今日は家周りの手入れから。 数日降った雨で、また一気に草が伸びましたね…。 草刈りが必要な家周りと、なかなか手入れが出来ていない畑周りの草刈りをまずしました。 そのあと、畑に唯一植えているじゃがいもの手入れ。 少し遅いけど、芽かきと草抜き、土寄せを行いました。 だんしゃくとメークイーンを植えてます。 今年から畑にしようと思って、一度耕したスペース。畑周りの草刈りは今日したんですが、肝心の植え床には草が生い茂ってます。植えられてるのはじゃがいもとチモトだけ。 時間やりくりして、もちょっと夏野菜とか、植えたいなあ。 今は家づくりが最優先で、畑はほとんどできてないけど、家づくりが終わったら、たべものづくりにも本腰入れたいと思ってます。 あれもこれもしたいことがあって、もどかしい気持ちもあるけど、ステップを一つずつ踏んでいくつもりで、一つずつ丁寧に形にしていこうと思います。 結構時間がかかって、午後2時くらいから次の作業。 昨日中途半端になってた壁の一面を仕上げます。 ちょっとずつですが、進んでいます。 塗ること自体は、楽しくて、だいぶ慣れてきました。 そのあと、納屋の裏手にある、昔鶏小屋として使っていた場所の、整理を少し。 なんと、来週には縁あって、ニワトリさんがうちにやってくることになったのです。 小屋周りは、今まで蔵に収まっていたものをとりあえず仮置きしていたので、それらの片付けに手をつけました。 以外と古いものを、置いとこうか捨てようか迷うのです。 18時作業終了。 嫁さんがなっちゃんとろくち

伐採講習とジビエBBQ

6時みんな起床。 GW中は僕の実家である広島に帰省しておりました。 帰ってきてから2日間は雨で、事務作業などたまった仕事や、今週の外仕事の下見、これから先の作業の準備などをしておりました。 この日はやっと晴れ。 子供達も元気に保育園へ。 僕は掃除洗濯を済ませ、今日は湯布院の山へ。 きらめ樹が行う、伐採講習に参加してきました。 きらめ樹の発起人である、代表の大西さんと難波さやさん。 お二人を含めた富士宮のコアメンバーは(きらめ樹の本拠地は静岡県富士宮市にある。)、5月の頭から、こういった講習や皮むきイベントを実施するため、全国をキャラバン中だそうです。 この日もその途中にあたり、湯布院町塚原に住んでいる、これまたコアメンバーの由美さんが企画して、この日の講習実施という運びになったそうです。 僕ら堀家は今年の初めに、縁あってきらめ樹と出会い、地元の山を手入れ&活用したいという思いから、ちょこちょこ関わらせて頂き、勉強させてもらっています。 冬から、皮むき間伐の流れを体験してきたので、 ※地元の山で行った選木 ※同じく皮むき 次の工程となる伐採まで習得したいと思い、この日は参加させてもらいました。 レクチャーのあと、実際にきらめ樹における伐採作業のやり方を見学。 大西さん監督のもと、コアメンバーの由美さんと由香さんコンビ(お二人はとても仲の良い双子です)が、実際にやってみせてくれました。 きらめ樹は、女性を含め誰でもが安全・正確に伐採が出来る方法を模索し、それを共通のやり方として伝えています。 実際、きらめ樹では女性の方が多く活躍されています。 林業関係者の方をはじめ、きらめ樹のやり