土塗り体験&ごはん

EVENT

セルフビルド × 伝統構法 × オフグリッドの家

​土壁塗り体験会

〜みんなで土遊び&ご飯を食べよう〜

※このイベントは、台風の為中止になりました。ごはん会の様子だけ、ブログに書いています。

日時:2017年10月22日(日)9時〜17時くらいまで ※出入り自由です。天候によっては延期

場所:大分県由布市庄内町小挾間324(オモンパカル 堀家)

​連絡先:080-3056-8907(堀携帯)

持ち物:

帽子・水筒・タオル・汚れてもいい服とくつ・ビーチサンダルなど(足で土を練ります)

お昼ごはんの食器(おわん・おはし・コップなど)

    

※お昼はその場で、ごはんを炊いて、お汁を作って、みんなで食べようと思います。

お米と食材は、基本こちらで用意します。(とても運が良ければ鹿肉も)

でも持ち寄り、大歓迎です。

人数によっては量が足りないかもしれないので、お腹に不安がある人は食べ物をご持参ください。

内容:

土壁の下地となる、竹で編んだ小舞の上に、よく寝かせた土を塗っていきます。

土に水とワラを混ぜ、おとなもこどもも、足でねりねり。

こどもは土のおだんごを作り、素手で壁にべちょっと。

おとなはコテを持って、左官体験。

昔の人は、みんなこうやって家をつくったそう。

経験者である村の方や、現役の左官さんに教えてもらいながら、みんなでワイワイやりたい

と思います。

この家は、2年前にこの地に移住してきた堀家が、現在セルフビルドで作っているお家です。

どんな家を作ったら、人のからだや地球にやさしいだろう。

どんな家を作ったら、そこから「楽しくて地球にやさしい、ていねいな暮らし」が生まれるだろう。

そんなことを考えながら、素材はなるべく土に帰る自然なものを選び、つくりかたも、自分が思う価値観に沿った方法を慎重に選びながら、ここまでつくってきました。

また、この家づくりを通して、心身ともに、自分たちも成長したいと思ったし、

この家を媒介にして、同じような方向に進もうとする人たちと、何かしら共有できたらなという思いもありました。

結果、キーワードとして

セルフビルド・伝統構法・土にかえる家・電力自給・薪エネルギー・草屋根・循環の家・ていねいな暮らしを生む家・人を繋げる家・移住しようとする人がつくる家 … など

そんなものを携えながら、この家づくりは進んでいます。

これからどんな風に出来上がっていくのか、自分たちも楽しみです。

そして、出来るだけその過程も、いろいろな人と共有できれば幸いです。

今回は、そういう思いからの試みです。

あまりこういうことに慣れていないので、てんやわんやは目に見えていますが、それでもよければ、遊びにきてください。

この家の背景