稲の発芽 畑の経過

2020/05/05

今年からチャレンジを始めた、自然農の田んぼと、

家の横の小さな畑の経過を少し。。

 

 

上の写真は、4月の15、16日にタネ降ろしをしたときの、自然農の田んぼ 。

 

それから2週間後。

 

 

4月の29日に、最初厚めにかぶせていたワラ束をほどき、

ハサミで細かく刻んで、薄く敷き直しました。

理由は、ワラ束のままだと光が遮られ過ぎるので、もう少し光を入れるために。

 

 

刻んだワラを薄く全体に広げる。

 

 

最後に長めのワラをまんべんなく乗せる。

 

 

そして、タネ降ろしから3週間後の、

5月5日。

 

 

ちょっと様子見でワラをはぐってみると…

 

 

なにやら発芽してる。

これ、イネでいいんだよね?たぶん。

 

今のところ順調にいってるようで、よしよしです。

 

 

そして、家のよこの小さな畑のほうも…

 

 

ちょっとずつ進めています。

上の写真は4月26日ごろ。

 

夏野菜の苗を植えたり、ニンジンやコマツナのタネ蒔いたり。

なぎちゃんが、積極的にやってくれてます。

 

 

植えたものの名札も、なぎちゃんが作ってました。

 

 

こんな感じで、挿していきました。

名札の字は、なっちゃんが書いてくれました。

 

 

5月6日、現在の様子。

 

 

 

食べ物づくりも、ちょっとずつ、進んでいます。

 

畑は特に、家族みんなが関わって進められてるのがうれしい。

 

 

ちょっとずつちょっとずつ、慣れていきたいと思います。

先が楽しみです。。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー