高校・チラシ・自分との対話

2019/10/03

6時半みんな起床。

 

8時みんな出発。

 

今日は家事を後回しにして、10時まで今日の由布高校へのプレゼン資料制作。

 

10時半に交流センターで、まちづくり協議会の安部会長(元生さん)と、副会長の井元さんと待ち合わせ。

今日は、僕を含めた3人で由布高校へ行くのです。

 

 

11時由布高校へ到着。

連絡を下さった担当の先生と、お話し。

 

 

いろいろお話ししたのですが、その中で僕がちょっと勘違いしてたのは、由布高校のボランティア活動は、結構もう引く手数多らしいということ。

依頼のほうが多くて、全部は受けれない状態なんだそうです。

 

何かボランティアできることはありますか?と高校のほうから大津留まちづくり協議会のほうへ依頼があったので、てっきりボランティア先を探してるのかと思ってました。

 

これは、ガッツリ関わってもらうのは難しいかな?

 

でも、長い目で見て、高校生のみなさんのような若い方たちと一緒に、地域のことを考えていくのはとても大事なことだと思うので、引き続きチャンスは伺っていきたいと思います。

 

どうやら数あるボランティアの依頼先から、興味を持った学生さんが自分でボランティア先を選ぶらしいので、大津留まちづくり協議会の取り組みが魅力的になっていけば、そのチャンスも広がると思うので、がんばっていきたいと思います。

 

 

12時まだ高校でお話し。帰宅。

 

交流センターに少し寄り。

13時帰宅。

掃除洗濯、ニワトリさんのお世話、お昼ごはん。

 

 

そして、再び14時半から交流センター。

 

今度は、稲刈り体験のチラシと、おおつるマーケットのチラシ作成。

 

 

稲刈り体験のチラシはできたけど、マーケットのチラシは相変わらず浮かんでこない…。

 

 

そんな中、今日は事務局の当番だった、古賀さんとお話ししました。

 

古賀さんは、ご夫婦でとてもオーガニックな暮らしをされている、とても素敵な方です。今は別府に住んでいて、おおつる交流センターで行われている竹細工教室に通ってて、その縁で、ときどき交流センターの事務当番に入ってくれています。

 

これまで挨拶程度はしたことあったけど、ちゃんと話したことなくて、いつかゆっくり話したいなと思ってた人です。

今日たまたまタイミングが合ったので、なんとなく、ゆっくり話しできました。

 

 

それが、とっても良い時間でした。

古賀さんは、自然と調和した生き方がしたいとずっと思ってきて、それを少しずつ積み重ねてきて、自分のことも分かってきて、貫くとこと無理しないとことか分かってきて、悩んだ期間もあったけど、だんだんと自分なりのやり方、時間の過ごし方がわかってきて… そんな話をしてくれました。

 

そんな話をしてくれる古賀さんは、なんかとってもゆったりしていて。ああこの人は、いろいろと探し歩んだ結果、自分なりのしっくりとくる歩き方を、だいぶ掴んでる人なんだな…と感じました。

反対に僕はなんか最近うまく進めてない感があって心に余裕が少なくなってて…みたいな状態だったので、なんか話してる間古賀さんのゆったりとした空気がじわっと染み込んできて、なんかとても心地いい気分でした。

 

 

とても感覚が近い感覚だったので(日本語へん?)、古賀さんのいわんとすることがなんとなくすっと理解できたし、僕がいわんとすることも、すっと理解してくれるような感じでした。

そういう人と話せるのは、とても嬉しいです。

 

 

僕も、まだまだ探し悩み歩んでる途中ですが、あきらめずに、またその道のりも楽しんで過ごしていこうと、あらためて思いなおさせてもらいました。。

まだまだ、頭では納得するふりしてて、心では本当の納得に届いてないということです。自分と対話し、家族と対話し、周りの人と対話し、その対話に心を柔らかくして感謝をもって向き合いたいと、あらためて思いました。

 

 

古賀さん、ありがとうございました。

 

 

結局、マーケットのチラシは進まなかったけど、とても大事な時間だったので、良いのです。

 

 

17時50分、保育園お迎え。

 

 

 

軽トラの後ろに乗りたがるふたり。

 

 

しばらく遊んで、夜ご飯。

今日の夜ごはんは、炊き込みごはん、味噌汁、かぼちゃの焼いたの。

 

 

ほんで今日は、19時からまち協会議。

今日も、先日の議題の続き。

補助金で買う特産品開発用の機材の選定の話です。

 

だいぶ、決まってきたようです。

 

22時まで。

 

 

帰宅して、お風呂入って、今日はもう疲れたので23時就寝。

 

ああ、チラシができてない。

頼まれているお庭のプランもしないと。

 

 

…しないと、しないと。

そう思うのは、ほんとはしたくないことなのか?

たぶん、そうなんだろうな。

頭で理屈で正当化しても、結局のところ、本心は。。

 

 

いや、違うな…。

したくないことではない。

ぜんぶ、ほんとは、したいことなんだ。

 

 

ただ、ほんとにほんとに一番したいこと、が出来てないから、他がじゃまに感じちゃうんだろうな。。

 

 

確実に、ぜんぶ、必要なことでは、ある。

がんばることで誰かが喜んでくれることでは、確実にある。

自分ががんばれば自分や周りにとってプラスになることがたくさんあると、本当にそう思う。

 

 

ただ、それが自分の意図したタイミングでなく訪れたものが、今含まれているから、コントロールできなくなっちゃってるんだろうな。

 

そこをちゃんとコントロールできてないと、”自分の心がヨロコブ”、状態にはなれないんだろうな。

 

 

 

できることなら、常に、100%自分の心がヨロコブことを考え、言葉を発し、行動し、時間を費やしていたい。

そしてそうすることがイコール、家族の幸せをつくることになり、他の誰かを誰も不幸にせず、少しでも幸せにできる。。

そんな状態で、いたい。

そんな生き方をしたい。

 

 

それは、とても難しいことかもしれないし、

もしかしたらとても簡単なことなのかもしれない。

 

でも、絶対にできるはずだと、僕は信じてます。

 

 

「今」が、幸せじゃないかと言えば、全然そうじゃない。

でも、綺麗ごとを言ってるばかりじゃなくて、まだ心が本当によろこんでる状態じゃないことも、ちゃんと認めなきゃ。

 

ただ、これまでの道のり、そして「今」にも、”後悔”、は全く無い。

そしてこのまま歩んでいく道について、後悔しそうな気は、全くしない。

 

それだけは今、自信持って言える。

 

 

今も幸せだけど、もっと幸せにもなれる。そう思って行動してる。

 

そういう状態なんだと、思います。

 

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー