竹細工展示を見にいく

2019/06/16

4時起床、ブログ。

 

6時みんな起床。

 

 

今日はファミリーデー。

 

朝ごはんを食べて、家の周りで遊ぶ。

 

 

床がだいぶ張れたので、最近ちょくちょく、この中で遊んでます。

 

 

お隣のえなちゃんも来てたので、一緒に遊びました。

 

あとは、いつものように、テイおばあちゃんちに遊びに行ったり。

その間に掃除洗濯。

 

 

そして今日はお昼から、お町のほうへ繰り出しました。

 

 

久々のお町です。

手をつないで歩く姿がかわいい。

なぜか、それぞれの帽子を交換してかぶってます。

 

 

目的地は、大分県立美術館。数年前に、「OPAM」として、リニューアルされた綺麗な美術館です。

 

 

美術館内には、こんな子供が遊べるとこもありました。木の卵。ごろごろ。

 

 

今日ここへ来た目的は、この展示を見るためです。

 

別府市にある、竹細工の職業訓練校の、卒業生の展示会です。

 

僕が今住んでいる大津留地区は、昔から竹細工が盛んな地で、この学校の卒業生も何人かいらっしゃるのです。今回の展示会にも、3名の方が出展されているのです。

 

僕がいつもお世話になってる、三原家のお父ちゃんも、出展されています。

それで、見に来てみることにしたのです。

 

 

 

結果、とても見るのが楽しかったです。

一口に竹細工と言っても、作るひとによって作るものは三者三様。

精巧なランプシェードがあったり、アクセサリーがあったり、カトラリーがあったり、バッグがあったり。

 

中でも僕が一番興味をそそられたのが、日常生活でごく身近に使うために作られた竹細工でした。竹カゴとか、ザルとか。

 

 

暮らしの中の様々な道具が、竹で作られたものに、置き換えていければなと、思っています。

いつかは、自分で使ういろんなものを、竹で、自分で作れるようになりたい。

 

 

 

竹細工の展示を見て、また美術館内で遊んでいると、当の三原家も訪れていて、ばったり。

子どもたちは、おおはしゃぎ。

 

 

なかよしなっちゃんとたまちゃん。

 

よかったねー今日も遊べて。

 

 

このあと、みんなで町をぶらぶら。

大分駅の近くに新しくできた、”食”をテーマにしたモールを冷やかしにいったり。

 

帰り際、子どもたちは眠いのもあっただろうけど、別れたくなくてグズグズ。

その気持ちよく分かります。

また、来週遊ぼうね。

 

 

18時帰宅。

夜ごはんを簡単に食べ、お風呂に入り、

21時みんな就寝。

 

 

今日も楽しい、一日でした。

 

また明日から、がんばりましょう。。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー