小挾間に移住!のお手伝い

2019/02/02

7時みんな起床。

 

今日は休日。

朝ごはんは、昨日の炊き込みご飯、味噌汁、卵焼き。

 

午前中は洗濯とかしながら、こどもたちと家のまわりで遊ぶ。

 

 

そして今日はお昼頃から、来客が。

 

 

岩崎さん一家。

岩崎さんたちとは「きらめ樹」を通して知り合ったんですが、

なんと、今この小挾間への移住を考えてくれているのです!!!

 

以前訪ねて来てくれた時に、この地域を気に入ってくれて、

それで、先日から一緒に、土地や空き家など住処となるところを、検討しているところなのです。

 

 

今日は、一件空き家になっているところを、持ち主さんが来てくれて、内見させてくれることになっているのです。

 

岩崎さんは僕らと同世代で、子どもたちをウチと年が近くて、ぜひ来て欲しい!!!と思っているのです。

 

 

こちらが、今回見させてもらう家。

 

もう住まれなくなって10年以上経つらしいのですが、僕らのケースと同じく、まだ中にお仏壇や敷地にお墓があり、定期的に帰ってこられて、お家の手入れをされてきたそうです。

 

なので、中はとても綺麗でした。

それでも、何箇所か雨漏りするとこがあり、それの補修は必須。

あとボイラーが壊れているようなので、それも修理か新調しないといけない。

というような状況でした。

 

でもそれ以外は、荷物の整理されているし、全然そのまま住めそう。

空き家としては、かなり条件が良いのではないかと思います!

 

 

岩崎さんちの子どもたち。

おねえちゃんのカンちゃんと弟のサトちゃん。

 

いつもお世話になってる元生さんも来てくれました。

ここの家主さんに元生さんが連絡を取ってくれて、今回話をさせてもらうことが出来たのです。

 

 

カンちゃんとサトちゃんとは、なっちゃんたちも何回か遊んだことがあり、仲良し。

特にお姉ちゃんのカンちゃんが、なっちゃんととてもよく遊んでくれました。今日もなっちゃんは楽しみにしてました。

サトちゃんは、なっちゃんと同い年!

 

ほんと、近くに来てくれたら、こどもたちも喜ぶだろうなあと思います。

 

 

 

…と、言っても、今回見させてもらっている家は、あくまで「仮住まい」の為の家なのです。

 

ここのお家が、「まだ売れないけど、数年住むくらいなら…」という状況なのと、

実は岩崎さんのご主人は大工さんで、移住先の家は、自分で建てようとしているのです。

 

まだ実際建てる土地は決まってはないのですが、いずれにせよ建てるとなると、完成までの期間住む仮住まいが必要なので、先にそちらのほうが話が出来そうということで、今回の件になったというわけです。

 

ほんとは先に建てる土地が決まればよかったんですけどね。

今平行して、いろいろと吟味・交渉してるとこなのです。

 

 

それと、お姉ちゃんのカンちゃんが今年の春から小学生なので、できれば転校なしにさせてあげたいということで、ちょっと急ぎで仮住まいの家を先に探してるというわけなのです。

 

 

検討する岩崎さん夫婦。

 

フィーリングに、合ってくれるといいなと思います。

 

 

内見を終え、このあと一箇所、建てるための土地候補の場所も、見に行きました。

 

まだ結論は出てませんが、移住が実現するよう、出来ることは力になりながら、でも岩崎さんたちが、ベストをジックリと考えたほうが良いと思うので、ゆっくり見守りたいと思っています。

 

 

 

14時半ごろ、岩崎さんと別れ、

そのあと家族で図書館へ。

最近嫁さんが、読書欲があるらしいので、本を借りに。

 

そしてそのあと、近くの温泉に入って、帰りました。

 

 

今日は節分なので、嫁さんとなっちゃんは、のりまき作り。

 

食後は、豆まきをしました。

今年の鬼役は、嫁さんがしてくれました。

 

 

なっちゃんもろくちゃんも、元気に鬼はソト福はウチ。

ろくちゃんも、「バジャーッ!!」と言いながらなんか必死に豆を投げていました。

 

年の数以上にみんなで豆をポリポリ。

今年のみんなの健康を、願いました。

 

 

今日はもう温泉に入ったので、

20時半にはみんな就寝。

 

 

岩崎さんの移住話が決まることを願いながら、

明日からも僕らも、がんばっていこうと思います。。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー