友達来訪と、入院

2018/08/15

6時みんな起床。

 

なかなか寝れなかったろくちゃんは、それでも朝には37度9分まで下がってました。

 

今日は嫁さんが出勤するので、ろくちゃんは、病児保育へお願いしようかと思っています。

そのためには診断書が必要なので、先に小児科を受診してから、病児保育へ向かいます。

 

 

朝ごはんを食べ、8時に嫁さんが出勤。

 

8時半、僕はなっちゃんとろくちゃんを連れ、出発。

なっちゃんはろくちゃんを心配しながらも、保育園に行ってくれました。

そのあとろくちゃん、かかりつけの小児科を受診。

そのときには熱も38度5分に上がっていて、ゼーゼーもしんどそう。

血液検査をしてもらったところ、ちょっと肺炎の可能性もあるとのこと。

 

どうしようか迷ったけど、病児保育がとても手厚く見てくれるとこだったので、予定通り連れていきました。

 

 

 

10時半、帰宅。

今日は午前中、東京から、友人が訪ねて来てくれました。

 

 

みのくん一家です。

みのくんとは同い年で、東京で植木屋の修行をしているときに、知り合いました。

みのくんはその頃から造園家として独立していて、なんだかセンスと雰囲気を持ったひとでした。

 

接した期間もわずかで、特にしょっちゅう連絡を取っていた訳ではなかったけど、

でもなんか、価値観の通ずるものがあったのでしょう。

 

なんとなく、みのくんとはまた繋がるような気が、してました。

 

今日はほんと、それ以来の再会です。

 

 

 

みのくんのこどもたちも元気。

なんか、うちの池(僕らが越してきて一度も水を替えたりしてない)の水底をさらって、生き物観察とかしてました。

さすが。

 

 

するとびっくり。

なんかサンショウウオらしき方が、いらっしゃいました。

みのくんがすぐさまネットで調べてくれたところ、なんか希少なサンショウウオじゃない?

ということで、みんなで盛り上がりました。

希少かもしれないサンショウウオさんは、このあとたくさんのヤゴさんと共に、池へ帰しました。

この先どうなるのかな。

 

 

お昼過ぎ、また会いましょうと交わし、みのくんたちを見送りました。

 

 

 

そのあと土壁作業の準備をしていたところ、病児保育の方からお電話が。

 

熱も咳も相変わらずあるけど、なにより呼吸数が多いので、症状が進行してるかもしれないと。

それで、かかりつけの小児科の先生に連絡を取ってくれたようで、出来ればこれから、大きめのこども病院を受診したほうがよいだろうとのことでした。入院の可能性もあるって。

 

僕は急いで嫁さんに連絡し、嫁さんも仕事を早退し、帰ってくることに。

二人でろくちゃんを迎えにいき、こども病院に向かいました。

 

検査の結果、やはり、肺炎になってました。

きっかけは、保育園で流行っていると言っていた、RSウイルスというものからでした。

 

点滴での処置が必要なため、そのまま入院することに。

お母さんも、今夜から付き添いで入院。

一通り検査が終わり、病室に入ったとこで、なっちゃんをお迎えに行くのと、足りないものを取りに、一度僕は帰宅。

 

準備をし、なっちゃんを連れて、もう一度病院に戻りました。

 

ろくちゃんと嫁さんに、がんばってねと言い、病院をあとにしました。

 

帰りになっちゃんとお風呂に入りに行って、帰宅。

帰りの車で、なっちゃん就寝。

寝る間際、ママがいいママがいいと、泣きながら寝てました。

 

22時帰宅。なっちゃんそのまま就寝。

 

 

ろくちゃんが、早く良くなりますように。。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー