椎茸のコマ打ち

2018/02/23

7時起床

なっとうご飯とお味噌汁のあさごはん。

 

なっちゃんは今日はお弁当日。お母さんにお弁当を作ってもらい、ウキウキと元気に保育園へ。

 

 

満面の笑みです。やっぱり子供は、笑っていてくれるのが、一番うれしいですね。

 

なっちゃんを送り出したあとは、今日は嫁さんと緑太くんを伴い、元生さんのところで椎茸のコマ打ちです。

 

 

いつもお世話になっている、元生さん。毎年家の裏山で行っている椎茸コマ打ちに、今年はウチもご一緒させてもらいました。

わが家としては、初のコマ打ち体験!!

胸が踊ります。

 

上の写真が、今回使用するホダ木。一番よく椎茸が生育する為、もっぱら、クヌギだそうです。

今回このホダ木の用意を、クヌギを切り出すとこから元生さん一人でやってくれたので、申し訳なかったなと。。大変だっただろうなと。。

来年は、ホダ木をつくるところから一緒に、やらせてもらおうと思いました。

 

これが今回使用するコマ。

 

コマをほぐし洗面器などに分けます。

 

ホダ木に、ドリルで穴を開けていきます。

このとき、たての間隔は20cmくらい。1列に5〜6個。平均的な太さのホダ木で、円周に対して3列、計15個から20個くらいの穴を開けます。

元生さんは慣れたもんで、ずいずいと掘っていきます。

 

いろんな専用の機械があるんだなあ。

これは椎茸コマ打ち専用のドリル。

 

開けた穴にコマを差し込み…

 

玄能でトントンと打ち込んでいきます。

このとき、打ち込む深さはホダ木の面になるくらい。

 

嫁さんも緑太くんを抱っこして参戦。

 

元生さんと、元生さんの奥さんの妹さんの旦那さんと、僕。

今回は3家族分、計3000個分のコマを打ちました。

 お昼休み。。僕と緑太くん。

 

コマを打ち終えたホダ木は、今日は小積み上げ、枝を仮りの日よけとして被せておきます。あんまり日が当たりすぎるのも良くないそう。このまま一週間くらいして、立てかけたり、なんだりかんだりまだ作業をして、いよいよ食べられるようになるのは2年後だそう。

 

当たり前だけど、長い年月がかかるんだ…。

でもこうやって、今まで何気なく食べてたものの、成り立ちを知っていくのは、とても面白い。本来、知らないで口にしてるほうが問題なんですけどね。

 

でも、自分でつくったやつはなんでもそうだけど、格別なんだろうなあ。今から楽しみです。

 

今日も、百姓=百生への道を、またひとつ。

 

ゆっくりだけど確実に、進んでいきたいと思います。

 

 

18時、なっちゃんお迎え。

お弁当をピカピカにして帰ってきました。

 

夜ご飯は、具沢山うどんと、おからサラダ。

 

なっちゃんと緑太くんとお風呂に入り、9時みんな就寝。

 

 

今日もよい1日でした。。

 

 

 

 

 

 

 

タグ:

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー