自給自足の師匠

2018/02/07

今日はなんと、深夜0時半。緑太くん発熱。

そこからずっとむずがってました。とてもしんどそう。

一番高いときで、39度7分。心配です。

抱っこしても、しんどいようで、なかなか寝れません。

嫁さんと二人交代で、看病しました。

 

7時半、起床。朝はハチミツトーストを食べて、

8時半、なっちゃんを保育園へ。

 

今日は嫁さんに、緑太くん看病に専念して、と言って、

洗濯物を2回、回す。それをしながら、家周りの手入れ。

その際にふと、今週末のイベントで、甘酒を振る舞いたいと思い立つ。

作ったことないので、近所のテイおばあちゃんに聞きに行こう。

 

僕らの家のすぐ上に、源司さんとテイおばあちゃんご夫婦は住んでいます。

お歳は源司さんが80ちょっとで、テイさんが80前だったはず。

 

源司さんとテイさんには、本当に、お世話になっていて、野菜から果物から梅干しから卵から鹿肉から、一年を通して色んなものを頂いてしまっています。

それだけではなくて、本当に色んなことを、教わっています。

 

源司さんとテイさんは昔から農家で、源司さんは猟もするし、二人の暮らしは、ほぼ完全自給自足らしいのです。

ほぼ買い物せんらしいのです。

 

源司さんとテイさんは、いつも話してくれます。

安心なもん食べたい。それが一番いい。元気に過ごせるし、病気にならん。

それができるのが、田舎のいいとこや。あんたも、それで来たんじゃろう?

 

源司さんとテイさんは、いつも聞いてくれます。

もう田舎暮らしには慣れたか?ええじゃろう、ここの暮らしは。と。

これもってくかえ?これ美味しいで。と。

あんた野菜はつくりよるかえ?なんでん教えたげるで。と

 

本当に、源司さんとテイさんが居るところに越してこれて、よかったと思っています。ひそかに目標にしてますし、先生だと思っています。

 

 

今日はフキノトウと、ひょうたんかぼちゃをもらってしまいました。

 

そして今春、ニワトリの解体を教えてあげると約束してくれました。

ついに、きました。

自給自足生活において、避けては通れないと思っていた、ニワトリの解体です。心して、かかろうと思います。

 

 

お昼ご飯にお餅を食べ、午後は昨日の続きで、元生さん家の裏の里山の手入れ。

今日は倒木をチェーソーでさばいて、塞いでいる道を通れるようにします。

 

 

結構倒木がたくさんあります。

さばきながら枝や幹をまとめていきます。

今日も寒いけど、良い天気で、森での作業は気持ちいい。

 

なんとか今日終わらせたかったけど、少し残ってしまいました。。

 

また明日、馳せ参じます!!

 

17時作業終了。帰宅。家事サポート。

17時半、緑太くん用のりんごを買いに行って、なっちゃんをお迎えに。

 

緑太くんはまだ熱が下がらず、元気がないです。

かわいそうです。はやく、元気になって。

すりおろしリンゴを、少し、食べました。今日はお風呂はやめときましょう。

 

夜ご飯は、エビとブロッコリーの炒め物。美味しゅうございました。

 

21時半、就寝。

 

今日は緑太くんが心配な、1日でした。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー