土壁の練習2

2016/12/27

暮れも近づき、僕が行っている墨付け作業も後半戦を迎えるころ。

 

先日お邪魔させてもらった土壁・竹小舞の現場で、いよいよ土を塗るということで、これまた参加させて頂いてきました。

 

 

これが使用する土です。別の場所で練って寝かせておいた土を、運んできたそうです。

 

 

十分に寝かせてあって、かなり粘り気があります。(どのくらいの期間寝かせたか忘れてしまいました…)

 

 この土にさらに10cm程度に切った藁をまぜ、いざ塗っていきます。

 

 

 ふむふむ、厚みはこのくらいか…

 

 

 僕も塗らせてもらいましたが、やはり左官屋さんは上手です。

 

 

内側から見たとこ。

しっかりと土が押し込まれています。竹小舞にしっかりと絡んで、丈夫そうです。

このあと内側からも塗っていくそうです。

 

 木と竹と土と藁でできた家。

やっぱり、気持ち的にも体感的にも、気持ちいいですね。

淀みがない。

 

今回も勉強させて頂き、本当にありがとうございました。

 

さあ、自分もがんばろう。

もう少しで、墨付けが終わります。

 

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー