はじまりはいつも掃除から

2015/11/15

 

兎にも角にも、まずはこの土地の整理からです。

 

仮住まいの家も結構大変でしたが、それ以上に既存の納屋&蔵に溢れる、物!物!物!ほこり!!!

 

ええ、これをなんとかしないと始まりません。

 

この土地で 行う最初の作業。

 

片付けです。

 

でもこの、片付けや掃除というのは、僕はとても大切な作業だと思っています。

 

何事にも通じる、大切な基本。

 

確かに、この作業はとてもめんどくさい。

なかなか腰が上がらない。

 

でも、この工程がないと始まらないし、これから長いスパンのことを順序立てて成して行くためには、節々で必ず必要なことだと思ってます。

 

ここの工程の良し悪しで、最終的な仕上がりさえも左右する。

 

それに、この作業をすることによって、物理的に整理されていくと共に、頭の中も整理されていきます。

 

つくりたいもの、やりたいことがクリアーになったり、作る物のディティールが決まってきたり、次に何をすべきかの道筋が見えてきます。

 

もともと完全な設計図の元に進んでいる道ではないので、大きな方向だけ見定めて、こうやって手を動かしながら閃いていくのが、僕のやり方なのかもしれません。

 

 

さて、前置きが長くなりましたが、仕事の合間を縫って、埃まみれになりながら、こつこつと進めております。

 

いらないものといる物。

 

昔からの農家さんだったこともあり、古い農機具や、古いタンスなども出てきました。これは取っておいたほうがよさそうだなというものは、捨てずに取ってあります。

 

 

こつこつ、こつこつ、ほんとにコツコツです。

 

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ブログカテゴリー