ブログ「あしあと」

自然農田んぼ畦塗り①

6時半みんな起床。

昨日は軽トラを近くの交流センターに置いて帰ったので、ろくちゃんとそれを取りに行く。

ろくちゃんは愛車のストライダーバイクで。

これ、近所の道。

梅がいっぱい落ちてます。

もったいない。

何回か採ってもよいか、元生さんとか、ご近所に聞いてみたけど、自分の樹じゃないから、どうとも言えんと、あんまりよろしくないらしい。

どうせ採らずに落ちてしまうなら、採ってもいいよという雰囲気になればいいのに…。

田舎なのに、もうちょっとおおらかな感じでもよいのになあと、ちょっと腑に落ちない感じです。

ろくちゃんはズンズン進みます。

行きはずっと下りだから、スイスイです。

途中、色んなものに反応して止まります。

水路に草を流したり、虫や草花をみつけたり。

ぶいんぶいーん。

あとちょっとです。

冒険を終えて、帰りは軽トラにストライダーを乗せて帰りました。

帰ってきて朝ごはん。

なんかなっちゃんが、すごい顔を披露してくれました。

ろくちゃんも負けじと、なんかやってみたかったようです。

さて、しばらく子どもたちと遊んで、そのあとはちょっと時間をもらい、

田んぼの畦塗りをしました。

現在の状況の自然農の田んぼ。

溝のみに水を入れてる状態。

今日はここから、外側に面した側の、畦塗りをしていきます。

畦塗りはもともと、田んぼになるべく水が溜まりやすくするための作業。水が畔から抜けにくくするための作業です。

自然農は耕さない・代掻きをしない田んぼなので、もともと水は溜まりにくいと思います。

この田んぼでもそう。溝に水を入れてるけど、入る水を止めると、すぐに下や横から水を吸い込んで、水が引いていっちゃう。

畦塗りをしただけでは、完全に水が溜まる状態になるとは思えませんが、少しでも溜まりやすくなればいいかなと思い、やってみます。

ちなみになぜ、なるべく水が溜まりやすくなったほうがいいかというと、

水温を上げるためですね。

かけ流し状態でも水位はキープできるけど、それだと水温が上がらない。

稲は、水温がある程度高いほうが、よく分けつするそうです。

最初はそんなこと知らなかったけど、少しずつ田んぼに携わるようになって、知識として知ってきました。

なので、少しでも収量が上がるよう、畦塗りをしてみます。

まず、外側の畔の際にスコップを入れて、

土を溝の中へと落としていきます。

ずんずん際を崩し、土を水の中へ。

ずんずんずんずん外側を切り崩し進めて、

だいたい一通り崩し終えました。

このまま1日寝かせ、翌日泥になった土を塗りつけてく作業をするそうです。

今日は一旦ここまで。

午後からは、また子どもたちの相手を。

お手てつないで仲良くお散歩。

どこへ行くのかな〜。

お隣のおうちへ週末遊びに来る、えなちゃんの声がしたようで、行ってみるそうです。

その後は、交流センターに行きたいというので、えなちゃんも連れて、みんなで交流センターへ。

交流センターには、仲良しの三原たまちゃんもいて、女の子たちはみんなで遊んでいました。

裸足で遊んで、そのあと水遊び。

いっぱいあそんで、17時ごろ帰宅。

なっちゃんはすでに眠い。。

今日の夜ご飯は、肉野菜炒め。

お風呂に入って、20時半にはみんな就寝。

さて、明日もファミリーデー。

明日もちょっと時間もらって、畦塗りの続きをさせてもらおう。。

【 ← 次の記事へ 】 【 → 前の記事へ 】