ブログ「あしあと」

草刈り スケート

5時起床。メール、調べ物、日記など

7時みんな起床。

今日は僕は、8時から村のみんなで行う草刈りに。

これまでも何度か書きましたが、

村の中山間地域事業に入っている田んぼの草刈りです。

(中山間地域事業とは、不便な中山間部の有効利用促進のため、農作物の作付け面積によって補助金が出る国の事業。だと思います…)

村内には、この事業の面積にカウントされているけど、持ち主の方がご高齢で管理出来なくなったのを、みんなで管理してる田んぼが少なからずあります。

と言っても、作付けはせず草刈りや田起こしだけ…という田も多いです。

管理を行うだけでも、補助金は出るようですので、みんなで協力して行います。

でも、事業の有無にかかわらず、一度荒れてしまうと元に戻すのが大変なので、景観維持のため、出来るだけみんなで管理はしていこう。という状況なのです。

この日は良い天気。

朝はすごく寒かったけど、10時ごろには汗ばむくらいの陽気でした。

こんな田や、

あんな田も。

村の中でも、だんだん、お米を作れる人が減っていってる状況です。。

まだ作れる人が、その田を担うわけですが、その負担も限界があります。

…先人の方達が切り開き、脈々と受け継がれてきた田んぼ。

当初は手作業で、関わる人の数も多かったであろう田んぼ。

だんだんと機械化され、それに応じて田の形も基盤整備され、少人数でたくさんの面積を作れるようになった田んぼ。

機械を持ってしても、手が回らないほどに、作り手が減ってしまった田んぼ。

この先、どうなって行くのだろうか…

どうしていくのがいいのだろうか…

その課題は、いつも頭の中にあります。

たぶん、みんな。

一番いいのは、ここに住む人がたくさん増え、1家に1反くらいの田畑を、それぞれ自分たちが食べる作物を作る(できれば手作業で)、それで村の農地が全部埋まる。ってのがいいなと個人的には思うのだけれども。

前にも書いたけど。。

そうなれば、いいなあ。。

ともあれ、今日の草刈り作業は無事終わりました。

午前中いっぱい、12時まで。

帰宅すると、ボカボカ陽気のなか、子どもたちが遊んでいました。

お隣の集落から川を越えて遊びにやってくる、友人の三原家のウメちゃん。とてもとても人懐っこいネコさんで、子どもたちはウメちゃんが来ると喜びます。

ろくちゃんの体調も戻り、元気いっぱい。

かと思うと、

「あー、今日はいい天気だね。ちょっと横になろうかな。」

と言って、 おもむろにそこに寝だす。

ほんと、笑ってしまいました。。

どこぞのおじいさんですか。

なっちゃんが集めてきたお花いろいろ。

もう菜の花咲いてたの!?

あいやー、もうすぐ春が来てまうのか…

嬉しい気持ちももちろんあるが、焦るココロ。。

そして午後は、なっちゃんが兼ねてより行ってみたいと言ってたとこに、はじめて行ってみました。

はい、スケートです。

わりと近くに出来るとこがあるのです。

なんとか、一番小さいサイズのシューズが、なっちゃん履けました。

おそるおそる…

それでも、楽しんでるようでした。

ま、僕もほんと数えるほどしかやったことないので、なっちゃんと同じようなレベルですがね。

父子でちょこちょこ氷の上を歩いてきました。

ろくちゃんはなぜだか嫌がってリンクに入ろうとしませんでした。

子ども用の椅子のソリがあったのに。。

そんな日曜日でした。

この日はごはんを食べて帰って、19時帰宅。

お風呂に入って、21時みんな就寝。

さて、明日はまたちょっと村仕事からです。

水路の点検に同行します。

がんばっていきましょう。。