ブログ「あしあと」

剪定手伝い・炉台の作成③

5時起床、朝ごはんと保育園の準備。

6時半から仕事準備。

7時出発。

今日は友人の緒方さんの剪定手伝いに行ってきました。

ひたすら、松の剪定。

たまには誰かと一緒に仕事するってのもいいですよね。

ひたすら松へ手を動かしながら、ポツポツといろんな話をする。

澄んだ空に、響くハサミの音。

暮れの情景…って感じです。

写真撮り忘れた。。

18時半帰宅。

帰ると、家族がパーティーの準備をして待っていてくれました。

なっちゃんがおかあちゃんと作ったクリスマスケーキ。

ろくちゃんお味見。

保育園で作ったそう、サンタの帽子。

チキンとパンとサラダとかぼちゃスープ。

この日はみんなで、クリスマス気分を満喫しました。

お風呂に入って、

子どもたちはサンタさんへの期待を膨らませ、いそいそと就寝。

僕はそのあと、炉台作りの仕上げに。

最後、仕上げの目地入れ。

薪ストーブの足がどの位置に来るかまだ分からないので、出来るだけ全体をフラットにしたい。

なので、目地はひとつひとつ入れず、全体にまずバーッと目地セメントを均すような形で詰め込みました。

ほんで、スポンジで余分なセメントを拭き取りながら、仕上げていく。

こうすると、かなりフラットになるような気がしたので。

丁寧にセメントを拭き取っていきます。

あー、できたー。

目地を上まで入れると、さらに目地幅が広くなったけど、まあ良しとしましょう。最低限の材料と費用で作れたので、上出来です。

乾けば完了。

これでなんとか、明後日の薪ストーブ搬入に間に合いました。

明日は外で剪定仕事をしなきゃなんで、ほんと今日がリミット。

良かった良かった。

結構拭き取り作業に時間かかって、1時半まで。

それから、子どもたちのプレゼントを、枕元にセッティング。

といってもなっちゃんは自転車なので、どこに置こうか迷う。

小さい家なので、まあ枕元?と言える位置になんとか置き、今日のおしごとは完了。

明日の子どもたちが、楽しみです。。