ブログ「あしあと」

中塗り②

6時みんな起床。

ろくちゃんは、ひどくはなってないけど、まだ37度6分くらいの微熱。

鼻水もちょっと出てます。

微妙なとこだけど、保育園は念のためおやすみで、今日は近所の病児保育にお願いすることにしました。家で見てあげたいけど、僕もできれば作業したいし、ここの病児保育はとても安心して預けられる感じなのです。

8時半、ろくちゃんを送っていき、帰ってきて掃除洗濯。

昨日出来なかったぶん、今日はがんばりたいと思います。

今日も、くん炭を一缶つくるとこからスタート。

そして、土壁作業へ。

明日は雨ということで、プールに溜まった土を、引き上げておきました。

水で濾して数日、プールで放置することによって、だいぶ水分が減ってきました。雨が降ってまた水が入るといやなので、

トロ箱に全部引き上げ。

ここから中塗り土を使っていきます。

今日は前回の教訓を活かし、きちんと配合の分量を測って、土を作りたいと思います。

まず泥を取って、練りタルに移します。

泥が、柄杓で15杯

そこに砂を、柄杓で20杯入れました。

だいたい聞いた話を総合すると、土1に対して、砂1から2くらいだったので(土の粘り気、収縮具合によるみたい)、僕の作った土から推測すると、とりあえずこのくらいかな、というとこで試してみました。

それで一度混ぜます。

そこに、ワラスサを入れます。(荒壁土に入れたワラより、もっと細かいもの。これは、建材屋で購入しました。1袋4000円mくらいと意外と高いので、無駄遣いはできない…。これもワラを細かく切って、作ればいいんですけどね。)

ワラスサは、僕の片手で15掴み(これはニュアンスなんですけどね)

入れました。

そして、練り上げたものが、これです。

荒壁土に比べると、やっぱり砂っぽくて、ねっとり感が薄れてます。

ワラスサは、どうなんかな。

もうちょっと多いほうがいいのかもしれないけど…

とりあえずこれでやってみます。

荒壁が乾いたとこに、塗っていきます。

塗り厚は、先日書いたように、1cm弱。

こんな感じです。

実際は、荒壁の塗り具合によって、もっと厚くなるとこもありました。

一面、塗りあげてみました。

これが、中塗り前の状態です。

ちょっと余談。

ニワトリさんたちの行動範囲が広がってきました。

今作ってる家の窓から。

ここまで来たことなかったのに。

なんとも、癒される姿です。

ちょうどお昼ごろ、土壁が一面一区切りついたくらいに、いつもお世話になってる元生さんが、近くの田んぼでイノシシよけの柵を作ってるのが見えたので、手伝ってきました。

お礼に、栗をもらいました。

またもう一個余談。

いま作ってるくん炭ですが、わりと、灰になってしまう割合が高いような気がします。

鎮火させるのが遅いのかな?

このくん炭は床下に敷くので、なるべく灰っぽくないほうがいいので、良いくん炭だけ選りすぐって袋にいれ、残った灰っぽいのは、畑で使うようにしようと思います。

次は、もうちょっと鎮火を早くしてみよう。

夕方近く、塗った壁を見てみると、中塗りがだんだん乾いてきました。

やっぱり、少し割れが入りだしてる。

固まりきる前に、コテでもう一度押さえると、一旦は割れは消えますしたが、乾きが進むと、割れが入るかな?

とりあえず、乾ききるまで、何度かコテで押さえてみようと思います。

最終的にこれで割れが消えるといいのだけれど。

やっぱりまだ、砂量が多いほうがいいのかな?

もう少し様子を見てみようと思います。

今日は、17時15分まで作業。

ろくちゃんを病児保育へお迎えに行きます。

17時50分帰宅。

帰って、お腹がもう空いたみたいなので、ろくちゃんのごはんを作って、食べさす。

18時20分、嫁さんととなっちゃん帰宅。

なっちゃんお風呂。ろくちゃんは今日はお風呂やめときます。

夜ごはん。手羽元の唐揚げ。

21時半、みんな就寝。

夜、壁の様子を見ようと思ったのですが、先日投光器が壊れてしまったため、新しい投光器を買うため、22時までのホームセンターに走る。

無事投光器を買って帰宅。

夜の作業にあたりました。

もう一面、昼間塗ったとこの隣を、同じ土で塗りました。

塗ったときは、いい感じなんですけどねえ。

昼間塗った壁は、やっぱりまた、割れが入ってました。

もう一度押さえてみたけど、やっぱり乾きが進むと、割れてくるようです。

もうちょっと、砂量を増やしてみよう。

それとも、ワラスサを増やしたほうがいいのかな。

またちょっと、試してみようと思います。

結局この日は、朝4時まで作業。

明日は(というか今日は)ちょっとお出かけの用事です。