ブログ「あしあと」

くん炭と、中塗り土考察

6時みんな起床。

朝、なぜかおもむろに始まるスイカ割り。。

タオルの上から覗き込みながら、そっとスイカに近寄るなっちゃん。

瞬間は撮れなかったけど、なっちゃんやりました。(そりゃそーだ)

ねーねー朝から何やってんの?と、ろくちゃん。

手づかみでムシャムシャ。。

そんな二人も、元気に登園し、

僕は掃除洗濯。

そして今日も作業開始。

と、

今日は午前中、めずらしくいろいろと来客がありました。

まっぽんさんが家のことで相談にきたり、こうおんさんが今日は手伝う予定じゃないけど来てくれたり、以前マリーさんのところで知り合った奥村さん夫妻が遊びにきてくれたり、みんなそれぞれは初対面だけど、なんとなくワイワイとみんなでいろいろと話しました。

そしてなんとなく最後に、今日から作り始めようと思ってた燻炭に、みんなで着火をしました。

先日購入した燻炭器を米の保存缶に入れ、

その燻炭器の中に、紙や枝など、燃えやすいものをしっかりと詰めます。

まずはくん炭器の円錐状の部分の肩くらいまで、もみがらを入れます。

そして、着火。

火が着いたら、煙突を刺します。

しばらく置いて、くん炭器の周りが黒くなってきたら、

いっぱいまでもみがらを入れます。

このまましばらく放置。

お昼を食べて、土壁作業さいかい。

午後は、こうおんさんが残ってくれ、壁塗りを手伝ってくれることになりました。

今日は少し、中塗り用の土を作ってみる実験をしました。

いろいろ見聞きする情報だと、「荒壁に使った土をふるいにかけて、目を細かくして、それを中塗り用の土として使う。」

とあります。

それに、と、荒壁のときに入れたワラより、もっと細かいワラスサを入れて混ぜ、それで中塗りをするらしいのです。

なかなか、ふるいにかけるのは大変な作業なので、とりあえずふるいにかけずに、そのまま砂とワラスサを混ぜて、土を作ってみました。

正直、初めてのことなので、配合が全然わからない…

見聞きする情報からすると、だいたい、土が1に対して、砂は1〜2くらいになるようです。意外と入れる砂の量が多い。

でも、粘り気の強い土には、砂を多めに入れるとか、その土の状態によって全然違うらしいので、一概には言えないようです。

砂を入れる意味としては、土だけでは収縮が強すぎて割れてしまうところを、砂を混ぜることによって緩和する。ことらしいので、

とりあえず、

・割れを防止できそうなだけの質感

・塗りやすさ(砂が多すぎると、くっつかなくてボトボト落ちて大変塗りにくい)

・割れ目に入っていくかどうか(粒が荒かったり大きいワラが混じってると、細かい隙間に入ってかない)

そんなことをモノサシにしながら、土と砂を混ぜていきました。

それを、裏返し塗りが乾いたところに、塗ってみます。

うーむ、やっぱ砂量が多いとくっつかなくて塗りにくい。

そして、やっぱちょっと隙間に入ってきにくい。

やっぱり、ふるわないとダメかなあ…

とりあえず、配合を少し変えて、実験的に二面ほど塗ってみました。

あとは様子を見て、仕上げができるだけの質感かどうかとか、割れが入るのかとか、経過を見てみたいと思います。

そうそう、くん炭の様子ですが、

いっぱいまでもみがらを入れてほどなく、上のほうまで煙突周辺が黒くなってきました。

3時間くらい経過したとこ。だいぶ全体に広がってきました。

お昼の12時に着火して、これが17時半ころ。

約5時間半で、このくらいになりました!

少し混ぜてみると、全部くん炭になったようです。

むしろ、ちょっと灰になりかけてる。

とりあえず、水を打ち、鎮火をこころみる。

たぶんこれだけでは鎮火できないので、

人から聞いたように、ふたをして、空気を遮断し、これで鎮火をすると。

これができるから、米の保存缶でやると、便利なようです。

とりあえず今日はこのまま放置してみます。

18時に、家族が帰ってきて、夜ご飯の準備。

ご飯を食べて、お風呂に入って、21時半みんな就寝。

今日はちょっと、いろいろと実験デーでした。

くん炭、中塗り土、うまくいくといいなあ。

明日はちょっと庭仲間が応援に来てくれて、裏返し塗りをガッツリ進める予定です。。