ブログ「あしあと」

裏返し塗り⑤

6時みんな起床。

起きて、なっちゃんとブルーベリーの収穫。

その後3人がなんか台所でやってたのが微笑ましかったので、撮りました。

朝ごはんを食べ、8時みんな出発。

僕はそのあと急いで掃除洗濯。

8時半、今日もこうおんさんが来てくれ、土壁裏返し塗りの続き。

ここ数日、2人でやるのにベストなやり方はどうかと、色々試しながらやっってきましたが、この日から、こういうやり方にしました。

①まず、こうおんさんが、だいだい貫の面くらいの厚さまで、あまり細かいことは気にせず、バーっと塗っていきます。

②それを、追っかけで、僕が狙いの厚みまで少し土を塗り足しながら持っていきます。

③仕上げ終わったとこから、またこうおんさんに戻って貫部分のワラを入れてもらいます。

このやり方でいくことにしました。

僕の②工程より、こうおんさんの①工程のがスピードのが早いのですが、それは構わずどんどん進んでもらいます。

これでいくと、仮に僕がその日仕上げが追いつかなくて、日を空けて仕上げることになっても、大丈夫はずだからです。

変に仕上げの厚さまでやってる途中に、間を空けてしまうと、そのラインから大きな亀裂が入ってしまう。

ということが何面かあったので。

そうならない為の対策案です。

①こんな感じで、貫の面の厚みまでで、塗り進めてもらいます。

②そこに、僕が仕上げ厚さまで、塗り足しながら、均していきます。

③仕上げ終わったら、貫部分にワラを入れていきます。

このやり方が、いいんじゃない?ということで、今日はそうやってみました。

こうおんさんとの作業は、この日の午前中でいったん終わり。

また来週どこかで手伝ってもらう予定ですが、しばらくまた一人作業です。

ちなみに、今回は寝かせた土をタルに取り、今一度ワラと水を加え、ハンドミキサーで練ってます。

前回は、寝かせた土を、わりと硬くさせてしまった為、練りなおすのに足で踏まないとほぐしきれませんでした。

今回は、乾かないように毎日水を打ってるので、ある程度の柔らかさをキープできてる。

なので、ハンドミキサーでも混ぜ切れるのです。

足でフミフミ作業も、アナログでとても好きだけど、柔らかくて扱いやすい分、今回のが楽。

寝かせた土は、なるべく乾かさないようにするのがおすすめです。

18時まで作業。

みんな帰ってきて、晩御飯の支度。

なっちゃんと畑へ行って、モロヘイヤ、シソ、トマト、ネギを収穫。

晩御飯は、手羽元と卵の煮物、オクラとモロヘイヤとキノコとニンジンの味噌汁、トマトサラダ。

21時半みんな就寝。

僕は昼間の続きを、きりのいいとこまで。

面を仕上げ、貫部分にワラを入れるとこまでが、ひと区切りです。

そこまで土が乾く前に、その日のうちにやってしまはないといけません。

無事ひと区切り。

夜や朝方は気候はいいけど、昼よりも蚊が多いのが難点。

蚊取り線香で、乗り切ります。

明日もまた、壁塗りの予定です。。