ブログ「あしあと」

床はり体験

6時みんな起床。

朝ごはんはおにぎりとお味噌汁。

今日は僕はお弁当を作ってもらい、みんなより一足先に、出発。

今日は中津市で行われる、床はりの現場に勉強させてもらいに行くのです。

家から中津市まで1時間半くらいかかるのですが、その道のりは、地図を確認しながら行くことにしてました。数ヶ月前からスマホをやめたことで、これまでどこに行くにも頼りにしていたGoogle Mapも、今は使えません。

それなのに、あろうことか地図を家に忘れてしまって、焦りました。。

下道で行くので、結構分岐点があるんです。

一度見た地図を思い出しながら、青看板を頼りにしながら、少し時間はかかったけど、なんとか現場に着けました。。

でも、確実にナビやGoogle Map使わないほうが、道は覚えますね。

これはほんと実感。

スマホは便利だけど、やっぱこうしてジツリキがつく方がいいなと思いました。

今日体験させてもらう現場は、現在古民家をリノベーション中の、工藤恵さんのおうち。きらめ樹を通して、知り合いました。

工藤家では現在、既存のフローリングの上から、きらめ樹材でつくられた無垢のスギ床を張るという、工程にさしかかっておりました。

今回はそのタイミングで、きらめ樹仲間に声をかけてくれ、大工さんレクチャーのもと、体験の機会をつくってくださいました。

ちなみにこの、きらめ樹された材を実際に製材して製品にしたものを使うのは、大分では初ということでした。

まずはみんなで材の仕分けや面取りを行いました。

このときも、大工さんがカンナでのやり方を、レクチャーしてくれました。

僕もまだカンナはほとんど使ったことがなく、習得したい道具のひとつなのです!

実際に、フローリングの上からの施工のはじまりです。

この方が、今回工藤家を手がけてくださっている、地元中津では有名らしい女性大工さん、ハミさんです。ハミさんは、子供の頃から大工に憧れていたけど、当時は女の子が入れる世界ではないと、諦めていたようです。

その夢がどうしても捨てきれず、38歳のときに、志願して弟子入りを果たしたそうです。弟子入りが許されたときは、もう死んでもいい〜ってくらい思ったそうです。

それだけ、この仕事が好きなんですね。それがとても、伝わってきました。

今回、その習得した知恵や技術を、惜しげも無く丁寧に教えてくださいました。とてもとても、勉強になりました。

まずはスタートとなる位置の壁に、釘頭をペンチで切って作った「あい釘」というものを打ち、これに1枚目を打ち付けるんだそうです。

あい釘を打ったら、米のりを根太の位置に塗り…

(米のりは、お米と塩と酢を使ってつくるそう)

材を置きます。

ゲンノウなどで叩かず、必ず木材などを使って、広い面で叩く。

下地となる既存の根太が入っている位置めがけて、釘を打っていきます。

釘の最後の部分は、ポンチと呼ばれる道具を使って、材に傷がつかないように。このときも打ち方や釘の向きなど、細かい要点を教えてくださいました。

リノベーションやリフォームの際に必ず出てくる、既存のいろいろなものとの取り合い・納め方なども、教えてくださいました。

こうやってやり方を教えてもらいながら、みんなで体験させてくれながら、張り進めていきました。

今日だけでは予定のとこまで終わらないので、また最後の納めは、来月行ってくれるそうです。

とても丁寧に教えてくれ、色々なことが勉強になった一日でした。

工藤さん、ハミさん、同じく参加されたみなさん、どうもありがとうございました。

休憩時間に、リノベーション中の工藤家を、ここぞとばかりに物色。

僕も現在製作中の木製建具を、拝見させてもらいました。

戸車の納め方がイマイチわからなくて…

ふむふむ、こうすれば良いのか。。

すみません恵さん、ありがとうございました。

16時、僕は一足先に作業終了させてもらい、急いで地元に戻ります。

今日はもうひとつのイベント、地元のおおつる交流センターで、あたらしいチャレンジを行う日でもあるんです。

長くなるので次記事に続く・・・