ブログ「あしあと」

村の草刈りと選木会

訳あって数日前から家のネット環境が使えなくなってしまいました。

昨日は緑太くんの風邪もあり、雨も降っていたので、僕も休養日。

家でデスクワークをしたり、疲れからか身体が冷えて冷えてしょうがないので、用事がてら近所の温泉に浸かってきました。

そして今日は僕は朝から村のみんなで草刈り仕事。

嫁さんと子供らは地元庄内で行われる「きらめ樹お話会」参加の予定だったのですが、数日前からの緑太くんの風邪が、なっちゃんに移行し、朝からなっちゃんが発熱…。

嫁さんと子供らは、予定をキャンセルし、今日は家で養生です。

僕は予定通り午前中は草刈り。

天気はまあまあ良いが、しかし寒い!!時折雪が舞う中での作業。

「中山間事業」と言って、村で認定された面積の田んぼを、村のみんなで維持管理します。だんだんと住人が高齢化して、個人で出来なくなってるところが増えているのです。

だんだんと、「中山間事業」というものが、面積に応じて国から補助金が出ていて、それで村の諸々のこと(今日の草刈りの日当などもそう)をまかなっている。など、仕組みが少しづつ分かってきた今日この頃です。

村の精鋭たち

予定では今日いっぱい、もしくは今日は全部終わらないんじゃないかという量が、みんなの頑張りで、午前中には全部終わりました。

僕は午後から予定があったため、元々午前中だけの参加予定だったのですが、これで心おきなく午後へ進めました!

そして午後。

午前中、庄内某所で行われていた「きらめ樹お話会」の御一行をお迎えします。午後は、僕がいつもお世話になっているこの村の区長さんの山で、「選木体験会」が行われるのです。

寒い中でしたが、 無事に選木会が行われました。

選木会というのは、皮むき間伐を行う際、どの樹を間伐するかという「選木」の手法を、みんなで体験して、共有しようというもの。

思ったよりのたくさんの人!!子供もたくさんいるし、ここ数日、手入れをしといてよかったと思いました。個人的にも、選木のおさらいが出来て、とても有意義な時間でした。

きらめ樹のことを知ったのは昨年の暮れ。そこから縁あって富士山のふもとまで出向き研修させてもらい、その時一緒にいった由布市地域おこし協力隊の米澤さんが、今回この庄内町でのイベントを主催してくれました。

米澤さん、ここまでいらっしゃってくれたきらめ樹の大西さん、さやさんには、本当に感謝です。

今回選木したものは、今年4月にいざ皮むき予定。

そしてそれ以外にも、個人的に薪を取ったり、食料を取ったり、今後暮らしの中で入らせてもらう山です。

丁寧に、この森とお付き合いさせてもらえればと思っています。

選木会終了とともに猛吹雪!!

本日は大成功のもと、早々に解散いたしました。

戻った家では、嫁さんが頑張ってくれていて、二人の子供もしんどそうながらも、なんとか過ごしてくれていました。

今日は早めにごはん。嫁さんがつくってくれました。

おかゆ ポテサラ ひじき 鳥つみれうどん リンゴ寒天。

今日も美味しゅうございました。

お風呂に入り、8時半にはみんな就寝。

子供たちの風邪が、はやく良くなりますように。。