ブログ「あしあと」

里山の手入れ

今日は緑太くんの夜泣きが3時。したがって起床。緑太くんひざに抱えパソコン作業。ブログ更新。

7時半みんな起床。

連日寒いですね。今日もお湯の配管が凍ってて、お湯が出ません。

近所の人と話してても、こんな年はめっったにないとのこと。

今日の朝ごはんは納豆ご飯とお味噌汁と昨日のおかずの残り。

8時半、なっちゃんを保育園に送り9時過ぎから作業開始。

今日はまず、家周りの草刈り&手入れの続き。

午後からは風が出てくるので、午前中のうちに焼いてしまおうと思い、切った草木を集めてひとしきり焼く。

お昼はお餅を食べ、午後からは元生さんの山へ。

ウチから徒歩2分の元生さんの家。

元生さんの家の裏には、代々生活と密着してきた、いわゆる「里山」が広がります。燃料となる木々を得たり、椎茸をつくったり、山菜をとったり、タケノコをとったり、山芋をほったり、木の実をとったり、材となる竹や木材を得たり…

今でこそその種類や頻度は減ったと元生さんは言いますが、それでも見ていると、まだまだ生活の中に山との付き合いがあるように見えます。

山と繋がっている暮らし。

理想です。

元生さんは、今後僕らにも、この山を使ってくれていいと言ってくれています。これから僕らも、薪燃料生活になりますし。

とっても嬉しいですし、これから自分たちもこの山と付き合い、育て、お世話し、恵みを受け取りたいなとおもいました。

今日手入れするところは、元々は田んぼがあって、その後植林したという、ヒノキ林です。ここは近年そんなに利用することがなく、倒木や枯れ落ちた枝など、少々荒れてたので、少し入りやすくするための手入れです。

今週末のイベントをここで行うのをキッカケとして、それだけじゃなくてこれから何かとお世話になる里山です。これを機に、入りやすくする為、倒木した樹や散乱した枝などを整理し、ササが生えてるとこは少し刈ろうと思います。

倒木した樹々の整理。

ある程度まとめていきます。

おじいさんは山へシバカリに…ってこんな感じだったんだろうな、と。

まだ薪ライフがスタートしてないから、すぐに使えないのがもどかしい。。

ササが深いところは少し刈ります。ササだけ、ほどよく。

午後17時、作業終了。

明日は引き続き、チェーソーを使って倒木の処理を行います。

ヒノキ林の脇には、集落を見守るように、立派な御神木のようなスギが立っています。

見上げていると、包まれているような、とてもあったかい気持ちになります。

村を見守っているよう。

18時、なっちゃんをお迎えに。

今日の夜ご飯は、お鍋。具沢山。白菜、シメジ、エノキ、大根、人参、春菊、豆腐、豚肉。

なっちゃんと緑太くんとお風呂。

21時半就寝。

今日もよい1日でした。