ブログ「あしあと」

造成と、土のお引越し

夏の間、色々と他にやることがあり、停滞気味だった家づくり。

ようやく次のステップ、土壁作りへの算段がついてきました!

それに伴い、今まで寝かせてきた ”土” のお引越し。

縁あって大きめの重機が借りられることになったので、先伸ばしにしていた ”造成問題” も一緒に解決してしまえ!!と、実行してみました。

ちなみに造成問題というのは…

この建物手前の丘のようになったスペース。

ここには以前立派な母屋が建っていたのですが、残念ながら、数年前に焼けてしまったそうなのです。その瓦礫が埋まっているのと、このままだと有効活用しづらいというのがあって、なんとかしなきゃなとずっと思ってたことなのです。

さて、がすがすと丘を削っていきますと、

でるわでるわ土の山。中には、瓦・鉄くず・布類・家具など、色々なものも出てきます。

今回、出た土&瓦礫は、敷地裏手の斜面に落とし、盛り土するという選択を取ったのですが、これには散々悩みました。

出たゴミを、どうするのか。

出すにしても、相当な労力とお金がいるし、かといって、土に還らないものを土に埋めたくない。そのふんぎりがなかなかつかなかったのですが、どうせゴミを出しても、その先で処理をするのに、地球のエネルギーが使われる。ならもう、自分のトコで処理してしまえ!というとこに自分の気持ちを落とし込み、実行に移しました。

出てきましたね。

かれこれ1年と3ヶ月くらい寝てる土です。5月に一度ワラを追加し、練り直しましたが、それでも良く寝てます。どうなっているかな。。

んー、良い感じ?になっている気がします。臭いはさほどありません。

ユンボですくい…

作った木枠の中に落としていきます。

ここで、下層に入っているのは、昨年末に土壁塗りの見学をさせてもらった現場で余った土を、もらったものです。

僕がつくった土と、結構色が違います。

下がもらってきた土。上からかぶさっているのが、自分で練った土。

ほらこんなに違います。

僕が作った土は、ほぼグレー。これは大丈夫なのだろうか?

粘り気は、きちんとある。

この違いが、土壁にしたとき、違いになって出てくるのか、それはそれで楽しみです。

お引越し完了!!

布団をかぶせて、もうしばらく、オネンネです。

次目を覚ましたときは、いよいよ、出番です!!

造成のほうは…

途中からあいにくの雨で、地面がぐっちゃんぐっちゃんになりながらも、おおかたは進めることが出来ました。盛り土しながらつくった、裏へ下りていく小道も、なんとなく出来てきました。

ぐちゃぐちゃ地面はあらためて整地し直すとして…

なんだか広くなったーー!!

ここをどう使ってやろうか…

パーマカルチャーガーデン。

子供が遊べたり、多目的に使える広場。

ゆくゆくは子供棟を建てたい。

露天風呂もいいかも!?

などなど。

素敵なデザインを考えたいと思います。

最後に、スケジュールとしては、これから建具枠を入れ、

9月最終週から10月最初の週にかけて、竹小舞施工。

その後10月5日頃には、土壁塗り。

建具枠がスムーズに入れれればですが。

ご興味ある人は、ぜひ見に来てくださいーー。

手伝っていただけたら、お昼くらいはおごりますのでーー!