ブログ「あしあと」

刻み 〜きざみ〜


1月に入り、ようやく、ようやく墨付けが終わり、刻みの作業に入っております。

まずは、使う道具のご紹介。

真ん中に見えるのが、叩きノミ(たたきのみ)。こういった刻み作業のときに使う、ちょっと長めのノミですね。これを、木槌でたたきながら、加工します。金づちよりも木槌のがノミの頭を傷めないので、こちらを使っています。

あとは、手ノコ、電動丸ノコ。竹の間渡し用の穴を開けるドリルなど。

そして、丸ノコを引く際に使う、定規・ガイドなどですね。

そしてここからはより専門的な道具です。

まず電動角ノミ。

幅1寸の穴を掘るのに、使用してます。

手では掘りにくい穴を、この機械は正確に素早くズブズブと掘ってくれます。

これはけっこう、あるのとないのでは大きな違いの道具ですね。

次にこれです。

これは、”コミ栓穴” 専用の電動角ノミです。

これもあるとかなり、重宝します。

昔は良く出回ってたそうですが、今の時代こういうのを使う大工仕事が激減したため、今はもう生産されていないそうです。

道具屋さんになんとか探してもらって、譲ってもらいました。

そして次は、ホゾ取り機。

様々な仕口に使われるホゾを、ビャーーンと一気に作れるスグレモノです。

これがホゾです。こういった加工が出来ます。

ホゾの途中の四角の穴は、先ほどのコミ栓角ノミで開けた穴です。

これもホゾですね。そして、柱に加工した差し口です。コミ栓の穴も開いてます。

こういったのを、墨付けのときに付けた墨を頼りに、どんどんと作っていくわけですね。

そしてこれが、墨付けの際に付けた図板。

これも照らし合わせながら、切り込んでいきます。

墨付け同様、終わったものから図板にチェックを入れていきます。

このように、実際に差し込んで、寸法をあたったりする場合もあるし、切り込んだ後、良い具合かをチェックしながら進めていきます。

これは柱に両側から下梁を差して(左がオス、右がメス)コミ栓で固定するという仕口です。

材が長いので、こんな風に置いて差して確かめます。

先は流そうです。また、進捗、書いていきたいと思います。