ブログ「あしあと」

薪棚制作⑤ 完成まで

■7月4日


ちょっと間が空いたけど、自然農田植えも無事に終わり、薪棚づくり再開です。



前回、骨組みが大体出来たので、残るは屋根です。



屋根に使う板材は、使い古しの材を使用。

幅105mm、厚さ15mmの、杉の荒材。

お庭仕事で、コンクリ打設の型枠に使った材がたくさんあったので、それを流用。

薪棚なので、そのへんはこだわらず、あるものをどんどん使っていきます。

釘と、要所でビスを使いながら、渡した垂木にどんどん打ち付けていきます。



ストックしていた材料を使い切って、あと少し足りなかった。

今日はここまで。

後日あらためて材料を補充して、残りをやっていきます。




■7月16日


さて、田んぼの除草作業があったので、少しまた間があきましたが、再開。



足りない屋根材を買い足しました。

同じ、幅105mm、厚さ15mmの杉荒材。4mもので、1枚400円です。

いつもお世話になってる、庄内の杉田林業さんから。



無事に、全部貼れました。


次に、この上からルーフィングを張っていきます。




これも余りがあったので、ここで使い切っちゃいます。



足りなくなったので、これも余ってた違う種類のルーフィングも併用。

この2種類を使い切るぐらいで、ちょうど足りました。

めでたしめでたし。


見た目的には、ほとんど見えないし、この上にソーラーパネル乗っける予定なので、気にしません。



無事に、薪棚出来上がりました。


あと、間仕切りがやっぱいるかなあ。

まあ、薪を積みながら考えよう。



さて、薪棚が完成したので、さっそく放置している薪材を積んでいきたいと思います!




28回の閲覧0件のコメント