ヒストリーとビジョン

暮らし方を見直す。どういう暮らしをしたいのかを描く。

いわゆる普通の暮らしをしていた私たちですが、漠然とした未来への不安や、世の中への疑問をきっかけとして、”暮らし方”について、それはそれは真剣に考えるようになりました。

 

暮らし方=生き方。これまでの暮らし方を省みて、その延長上の未来を思ったときに、果たして納得のいく生き方が出来るのか。そうでないとすれば、どういう生き方がしたいのか。​

そしてそれはどうすれば実現出来る?を、描いてみることにしました。

仕事のこと。お金のこと。食べるもののこと。住む場所のこと。こどものこと。将来のこと。

考えれば考えるほど、すべての要素は繋がっていて、これは根本から組み立て直さないと、変われないなと思うようになりました。

そして私たちは、「時間を大事にする、ていねいな暮らし」「地球や未来に負荷をかけない暮らし」を求めて、2015年に、田舎に移り住みました。

そこからは、自分たちのモノサシをたよりに、手探りですが、暮らしにまつわる様々ことを

”デザイン”し直してきました。

​いっぺんには変わりません。まだまだ”暮らしのシフト”の入り口に差し掛かったばかりですが、時間をかけ、揺るぎない土台を築いていきたいと思っています。

田舎暮らしは、身体も頭もとっても使う。

でも、心は穏やかで、確かな”蓄積”があって、未来が安心な暮らし。

​そこへ向かう上でのハードルを、ひとつひとつ、紐解いていきたい。

多くの人が抱いているように、田舎暮らしにおける様々な懸念やネガティブな印象は、

確かに間違ってはいません。消費者として、都市で生きることに慣れてしまっている現代人にとっては、紛れも無く様々なハードルが存在します。

​それは、暮らしの様々なことに手をかける、肉体的なめんどくささだったり、お金や仕事や買い物のことなど、生きる上での仕組みの違いだったり。

私たちも、本当にそこからのスタートでした。ですので、私たちの辿る道が、そのまま様々な ハードルに対する、”越え方の一例” になるんじゃないかと思っています。

オモンパカルでは、その ”越え方の一例” のバリエーションを増やしていきたい。それは失敗も成功も含めて、後々の参考になるものを沢山つくればつくるほど、”ハードルの越え方”が、よりイメージしやすくなり、田舎暮らしに入りやすくなるんじゃないかと。

ハードル、と書くと、なんだかとても大変で辛そうに見えますが、ハードルとして懸念される半分以上のことは、”気のせい” なんじゃないかと私たちは思います。

むしろ今の常識になってる生活の仕方のほうが、心身ともに大変で、田舎暮らしにシフトすることは、その過程も、どんどん鎖がほどかれてラクになっていくような、そんな感覚を私たちは感じています。

確かに肉体的にしんどいコトはあるし、時間的にも、今までなかったコトに時間を割かなくてはいけないこともあります。でも、心のストレスは確実に減ったり、費やしたことへの技術やノウハウが自分の中に蓄積されたり、大変なコトの裏にはそれ以上に良いコトもたくさんあります。要はトータルでどうかということです。一部分だけに目を向けず、暮らしが変わることによって変わるコト、トータルで見ていくと、どっちがいいか分かりやすいのかなと思います。

そして、仕事や、教育や、保険といった、社会制度についても、懸念する大きなハードルだと思います。そこについても、オモンパカルでは、常識にとらわれない選択を見つけてみようと思っています。

出来るだけ遠くのコトに思いを馳せる。その上での様々な”選択”。

現代は、本当に無数の選択がある時代です。でも、正直、どれだけの人がきちんと「選択」しているのでしょうか。

選択とは、何かを判断基準にして、選ぶこと。

同年代の​人が、もっと田舎暮らしを選択できるような、道しるべになりたい

いわゆる普通の暮らしをしていた私たちですが、

漠然とした未来への不安や、世の中への疑問をきっかけとして、

”暮らし方”について、それはそれは真剣に考えるようになりました。

そして私たちは、「ていねいな暮らし」「地球や未来に負荷をかけない暮らし」

を求めて、2015年に田舎に移り住みました。

それから、自分たちの中でのモノサシをあてがって、色々なことを取捨選択してみました。

いわゆる普通の暮らしをしていた私たちですが、

漠然とした未来への不安や、世の中への疑問をきっかけとして、

”暮らし方”について、それはそれは真剣に考えるようになりました。

田舎暮らしは、世界を救う。

いわゆる普通の暮らしをしていた私たちですが、

漠然とした未来への不安や、世の中への疑問をきっかけとして、

”暮らし方”について、それはそれは真剣に考えるようになりました。

そして私たちは、「ていねいな暮らし」「地球や未来に負荷をかけない暮らし」

を求めて、2015年に田舎に移り住みました。

それから、自分たちの中でのモノサシをあてがって、色々なことを取捨選択してみました。

いわゆる普通の暮らしをしていた私たちですが、

漠然とした未来への不安や、世の中への疑問をきっかけとして、

”暮らし方”について、それはそれは真剣に考えるようになりました。

”したい暮らし”の為の田舎暮らし田舎暮らしのメリット。

具体的に、こういう生き方がしたい、と思ったのは、こんなことです。

・子供と出来るだけたくさんの時間を過ごしたい

・家族に、

​・時間を、自由に使いたい

ここでは、私たち家族が、何を思い、​今の暮らしに辿り着き、これから何をしたいのかを、ご紹介できればと思います。

長くなりますが、順を追って書き記したいと思います。